【BMW Z4 】新型が2018年にいよいよデビューか?!

BMW Z4の新型デビューがいよいよ迫ってきました。新型のZ4はご存知の方も多いと思いますが、トヨタとの共同で開発されるスポーツオープンカータイプです。兄弟車になるトヨタスープラの発売も同時期に予定されており、2018年最も期待が集まるスポーツカーと言えるでしょう。

新型のBMW Z4とは

引用元:http://car-moby.jp/111412

2017年9月に開催されたフランクフルトモーターショーにて新型Z4である「コンセプトZ4」が展示されました。国内では2017年東京モーターショーで公開され、トヨタスープラとの共同開発ということもあり注目の1台となっていました。BMWのプレス・カンファレンス・スピーチによるとBMW Z4のコンセプトは心で運転することができる典型的なロードスターで、活気と優美さに満ちていてスムーズな曲線美や短くなったオーバーハングが特徴的とのことです。流線型且つダイナミックな印象を与えていて、まるで走行時に吹き抜けた風の流れによって具現化された造形のようだと言われています。新型のBMW Z4の発売日はまだ発表されていません。2018年3月に開催予定のジュネーブモーターショーにおけるワールドプレミアが期待されていて、2018年内には販売されるのではないかと言われています。

新型Z4はダイナミックなデザインが予想されます

引用元:http://car-moby.jp/media?id=236426&post=111412&num=5

新型Z4のエクステリアデザインは、カリフォルニア州で開催された富裕層向けの自動車イベントである「2ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」でコンセプト画像を発表しました。そのコンセプトデザインを具現化したのがフランクフルトモーターショー2017や東京モーターショー2017に展示されたZ4になります。ご覧になられた方も多くいるかと思いますが、細くワイドなキドニーグリルを身にまとい、ロングノーズショートデッキ、ロングホイールベースに、ロー&ワイドなボディといった伝統的なロードスターデザインに仕上がっているのが見てとれます。

オープンスポーツにふさわしいこだわりの内装

引用元:http://car-moby.jp/media?id=236449&post=111412&num=13

新型Z4の内装はBMWがこだわる高いドライビング性を意識したスタイルになっています。量産モデルのデザインは変わるでしょうが、ドライバーが運転に集中しやすい無駄のないコックピットになっています。コンセプトモデルでは、ドライバーズシートが車体の中央に寄っていて、よりダイナミックな運転を楽しめる作りです。ドライバーズシート側はブラック、ナビシート側はブラウンに色分けされており、オープン時のインテリアデザインを意識した作りになっています。また、センターパネルにはインフォメーションディスプレイがあり、ナビゲーション、アラート表示などは当たり前で、その他最新のインフォメーション機能が表示されることを期待したいところです。

新型Z4に搭載されるパワートレイン

引用元:http://car-moby.jp/111412

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら