【車売却】中古車買取査定で高評価を得るコツ

車を手放す時に誰もが共通して思うことは「なるべく高く買い取ってもらいたい」これにつきますよね。中古車には相場があるものの、買取業者が利益をどれくらい取るかによって買取額が異なります。いかに利益が少なくても買取したいと思わせるか、そこが高く買い取ってもらうポイントなのです。今回はそのポイントをお伝えしていきます。

買取してもらう店舗の選び方

中古車の買取を行ってる会社はかなりあります。多くて選びきれないからといって安易にネットの一括査定に申し込んで自宅まで来てもらうのはやめましょう。営業電話が鳴り止まないですし、メールも永遠に送られてきます。また、わざわざ自宅まで来てもらっているのでコストがかかっています。コストがかかっている以上利益を取らなければいけませんので、その時点で高価買取は見込めません、、、ではどのようなお店に買取してもらうのが良いのでしょうか。

大手の大型店は高価買取できない

大型店や多店舗展開している会社の方が信頼できると思いますが、高く買い取ってもらえるかとは別の話になります。会社が大きい分、家賃や広告費、人件費が多くかかっており、会社を維持するためにもそれ相当な利益が必要となります。ですので、まずは大型店は売却の候補から外しましょう。

高価買取してくれるお店の特徴

買取額が高いお店の特徴は、第一に店舗やスタッフが派手ではない店舗を選びましょう。次にチェックする点は、在庫数が多い、輸出業もやっている、専門性が高い、この3点のうち1つでも条件に当てはまることです。店舗が派手でないのに在庫数が多いと言うことは余計なところにお金をかけず薄利多売で運営している傾向があるので、高く買い取ってくれます。輸出業をやっていて、海外にも販売ルートがあると日本だけでなく取引先の国の相場で買取してくれる可能性があり、こちらも高く買い取ってくれる事があります。また、専門店は同一の車種を多く集めたいので、他社にその車が渡ってしまうより少し高く買い取っても在庫にしたいと言う気持ちがあります。

手間を惜しまないなら個人間売買サイトで高く売却

メルカリやヤフオク、ラクマなど、個人間で売買ができるネットサービスが以前から広がりを見せており、今では車に特化した専門のフリマサイトも普及しつつあります。弊社Ancarが運営しているのもその1つです。フリーマーケットのサービスというよりは、委託販売のような形式で車を自分の言い値で売ることができる上、購入前の点検や、面倒な名義変更などの手続きを代行してくれるサービスが充実しています。

車をフリマサービスなどの個人売買で売る場合、ディーラーや買取店などと違い、お店に払うマージンよりも安く抑えられることが多いです。その為、高く売れる可能性があり、おすすめな車の売却方法です。

買取店に持ち込む前にしておくべきこと

買取店に持ち込む前にやることがあります。これらをやらないで査定してしまうと印象も悪く価格が下がる可能性があるので、少し手間でも必ず準備しましょう。

洗車と内装の掃除

大前提ですが、まずは外装とホイールの洗車をします。

洗車はその人の人間性も見えます。買取店から見たら、「このお客さんはボディは綺麗にしてるけどホイールは汚いからこう言うタイプの人」と知られて作戦を組まれてしまいます。買取店だけではなく、車が綺麗かどうかは見る人は見ると思いますので、日頃から定期的に洗車するようにしたほうが良いことがあるかもしれませんね。

次に内装の掃除をします。中古車は使用感があると売れにくくなるので買取の際も使用感があると良い価格は付けたくなくなります。自分の車を中古車屋さんで買うという逆の立場で考えた時に、ダッシュボードに両面テープの痕があったり、窓や天井がヤニで汚れていたり、髪の毛やペットの毛が付着していたら買うのに抵抗があると思います。念入りに掃除しましょう。

細かい傷をコンパウンドで落とす

車のボディーに少し傷がある場合は市販の傷消しコンパウンドで落としましょう。この傷は無理だと思わずに、まずはコンパウンドで試しに擦ってみると意外と落ちたりすることもあります。

エンジンルーム内の水拭き

エンジンルーム内が汚いと、あまり乗らず放置していたことや悪路を走行したと判断されて減点対象となります。

また、オイル漏れやクーラント漏れは必ず減点されます。こちらは市販のパーツクリーナーで事前に綺麗にしておきましょう。

ヘッドライトの磨き

ヘッドライトが綺麗かどうかは車の印象に大きく影響します。入店時に買取店のスタッフから見るとボロい車が来たか大切にしている車が来たか、ヘッドライトだけで第一印象が異なります。ホームセンターや大手の車用品店などでヘッドライト磨きの商品が売っていますので、そちらを購入してできる限り綺麗にしましょう。ボディ用のコンパウンドでも綺麗になります。

点検記録簿や書類付属品の整理

記録簿は定期的にメンテナンスをしている証拠となり車の状態が良いとアピールできるものとなります。また取扱説明書、スペアキーなどの付属品は改めて購入することもできますが安いものでは無いので、もし紛失していると減点対象となります。ポイントとしては日頃から整備記録は細かい作業でも履歴を残すようにします。もし整備記録が出ない場合は請求書などを取っておくのも良いです。いかに大切にしてきたかのを伝えるのと、整備箇所によってはプラスに働くこともあるのでその証明となります。言葉だけでは買取店には信用されません。

自分の車の相場確認

近頃はインターネットを使ってどなたでも市場相場が確認できます。自分の車と年式、グレード、走行距離が近しい車を検索して総額でいくらで販売しているか事前に確認しておきましょう。実際に店舗に行った時に、「A社とB社はいくらで売っていたから利益も考えるとこの金額までは出せるのではないか?」など交渉材料となります。また、そのお店が販売している似たような車があるかどうかなども事前に調べましょう。その車と比較して交渉できます。
すぐに愛車の価格が分かる『かんたん査定』はこちら

買取店でのやりとり

余計なことは言わない

買取店のスタッフとのやりとりでは、なるべく「はい」、「いいえ」で簡潔に答えるようにしましょう。

希望額は絶対に伝えてはいけません。もしどうしても伝えるなら、断られると思っていてもカーセンサーやグーネットなどの中古車情報サイトに掲載されている似たような車の総額を伝えてみましょう。

価格を下げられてしまう内容を聞き出されないために、スタッフに質問されないように会話しましょう。「はい」、「いいえ」で回答すれば会話は続きませんので冷たい客と思われるくらいがちょうど良いかもしれません。相手は安く買い取るプロなので会話のキャッチボールをしてしまったら勝つのは難しいです。

すぐに手放したくてもそのことは伝えない

すぐに手放したい事が知られてしまうと足元を見られ買取額は安くなります。すぐに売りたくても、その事は絶対に伝えず、相手を焦らして良い金額を提示させましょう。

終わりに

いかがだったでしょうか。中古車買取店での車の売却は足元を見られてしまいますと、かなり安い金額で買い叩かれてしまうことも少なくありません。そのようなことを防ぐためにも、今回お話させていただいた内容を参考にしていただいて、車の買取店での高価売却に役立てて頂ければ幸いです。

また、車の売却は買取店に売る以外の方法で個人間売買で高く売るという方法があります。そちらの方法も高価売却におすすめですので、ぜひチェックしてみてください!

車の個人間売買サイト『Ancar』の詳細はこちら


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら