車の買い替えを13年で行うとお得になる理由3つ|車検費用が安く済む?

ATミッションに故障が生じた場合の対処法は大きく二つあり、費用も大きく異なります。ATFをまるごと交換かATミッションまるごと交換かオーバーホールです。ATF交換は2千円からできます。ATFのまるごと交換やオーバーホールとなると高額な費用になることもあります。また、ミッション系も修理するとなると高額な修理費用が必要になるので、買い替えを検討する人が多いのです。

買い替えた方がいい場合3:乗用車が軽自動車である

乗用車が軽自動車の場合は買い替えの時期は普通車よりもやや早めにきます。軽自動車であれば8万kmを超すと不具合が出やすくなり、また中古車として売却を考えているならば値段が高くつくうちに買い替えのために売却をするタイミングを見計らうのも大切です。また結婚して子供が生まれ、今の軽自動車では家族全員が乗るには手狭になる、などのライフサイクルの変化が起きた時も買い替えをするタイミングとなります。

買い替えにおける車の売却方法2つ

実際に車を売却しよう、と考えた時の方法は大きく2つあります。ひとつはおすすめの売却先に車を売却する、もうひとつは下取り価格の見積もりを出してもらうという方法です。おすすめの売却先としては買取店、中古車専門店になります。いずれもディーラーに下取りに出すより高値で売却できるといわれています。損なく愛車の売却をすすめるために必要な知識になります。ぜひ把握して愛車の売却を考えたときに活かしてください。

車の売却方法1:おすすめの売却先

車の買い替えをする時の車の売却方法のひとつが、おすすめの売却先に売るという方法です。そのおすすめの売却先が買取店と中古車専門店になります。どんなところがおすすめなのかについて詳しく紹介します。

買取店

買取店とは車の買取だけを専門に行うお店のことです。販売力が非常に強いお店と繋がりがあるうえ、海外への販路もあることが多いのが特徴です。大量買い付けを専門としていることが多いので、多少状態が悪いとしても相場の範囲内で値がつきやすいです。

中古車専門店

中古車専門店は中古車の売買を専門としている大型店です。ディーラーよりも中古車が高く買い取ってもらえることが多く、売りたい車の相場も調べてもらうことができます。ディーラーとの価格の比較も可能なので、手間にはなりますが、一度来店してみることをおススメします。

車の売却方法2:下取り価格の見積方法

売却を決定したとき、必要になる書類は、自動車検査証、印鑑登録証明書、自動車損害賠償責任保険証明書、自動車税納税証明書、リサイクル券、委任状、譲渡証明書になります。

  • 売却を考えている店に査定の申し込みをする
  • 査定をうける
  • 見積もり額をみて価格交渉をする
  • 交渉で売却を決めたら必要書類をそろえる

13年の車の買い替えでお得に乗り換えよう

13年は車にかかる税金や車の劣化を考えると、買い替えをするには一番適した時期になります。車を購入してから年月が経てばたつほどトラブルが起きたり、車検でも故障が見つかりやすくなったりします。車を購入し、年月とともに車の劣化も進み、部品交換などで費用がかさみ、さらに13年を超えると増税となり、さらに負担が増す状況になっています。ぜひ13年で車を買い替え、オトクに車の乗り換えをしてください。

CTA画像
お店より高く売れる個人売買のAncar

出品無料でカンタン査定!まずは試しに出品してみよう

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら