現行モデルは8代目!フォルクスワーゲン パサートの歴史を紹介!

フォルクスワーゲンパサートはドイツのセダン及びステーションワゴン車です。車名の由来はドイツ語で貿易風からきており40年の長い歴史を持つ主力車の一つです。今回はライバル社と比較しながらスペック、さらには歴史を紹介していきます


フォルクスワーゲンパサートの特徴

フォルクスワーゲンの中型セダン

フォルクスワーゲンパサートは1973年に登場し、初代アウディ80をベースに作られました。当時はゴルフと同じくファストバック・セダンでしたが、その後ハッチバックやステーションワゴンが追加されます。現行パサートは4ドアクーペのパサートCCCCというモデルに独立したため、セダンとステーションワゴン(ヴァリアント)の二本立てとなっており、ゴルフより一回り大きく質感を高めたモデルに仕上がっています。日本では2015716日に発売されています。

充実した安全装備

現行フォルクスワーゲンパサートは現行ゴルフについている最新の安全装備が装備されています。中でもアクティブクルーズコントロールは高速道路だけでなく市街地でも使うことができ、ハンドル操作のみ行えば加速減速はレーダーで調整してくれます。アクティブクルーズコントロールは前方に【動いている】車があることが前提で、路上駐車している車には反応しません。(代わりに衝突防止のプリクラッシュブレーキが作動)

パサート初のPHEV

現行フォルクスワーゲンパサートは新たなグレードとしてPHEV(プラグインハイブリッド)GTEが追加されました。ゴルフGTEと同じシステムで、フロントバンパーにはフォグランプの代わりとなるGTE専用のコの字型LEDライトが装着されており、先進的なデザインとなっています。上級グレードのアドバンスにはヘッドアップディスプレイやアウディのバーチャルコックピットの簡易版であるActive Info Displayが用意されています。

フォルクスワーゲンパサートの歴代モデル

初代(1973)

アウディ80をベースにファストバック・セダン、ハッチバック、ワゴンをラインナップ。

二代目(1980)

初の4WDモデルが登場。二代目は正規輸入されていません。

三代目(1988)

セダンとワゴンのみとなり、正規輸入を再開。

四代目(1990)

正式にはビッグマイナーチェンジ版。

五代目(1997)

フェルディナント・ピエヒ会長(当時)による高級化路線により、品質が格段に向上する。

六代目(2006)

大型化され、エンジンは縦置きから横置きに変更。

七代目(2011)

統一デザインアイディンティティを採用。

八代目(2015)

現行モデル。

歴代パサートの中古車価格

相場が判明している五代目パサート以降の中古車相場です。(20178月末現在)

五代目(1997)

196,000円~525,000

六代目(2006)

251,000円~1,118,000

七代目(2011)


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら