国産エンジン史スポーツカーその14・大排気量DOHCエンジン

国産エンジン史スポーツカーその14は、それまで日本には存在しなかった「大排気量DOHCエンジン」の登場です。


かつてDOHCといえば、スポーツカーのものだった

現在では軽自動車や商用車でも当たり前のように搭載しているDOHCエンジン。

1980年代以前の国産車では、シリンダーあたり2本のカムシャフトで、それぞれ吸気・排気のバルブを駆動するDOHC(ツインカム)エンジンと言えば、「スポーツエンジン」でした。

ホンダのように軽トラやライトバンに搭載するケースもありましたが、それは他のエンジンが無かったからでもあり、SOHCエンジンが登場すればそれに切り替えています。

トヨタ 2000GTの輸出型やフェアレディZ(240Zや280Z)など2リッター以上のスポーツカーもありましたが、それらはSOHCエンジンだったのです。

すなわち、80年代前半までは以前にも紹介した「ターボかDOHCか」と同様に、「大排気量SOHCか小排気量DOHCか」という時代でもありました。

初の2リッター超えDOHC、トヨタ 5M-GEU

そこに風穴を開けたのが、1981年にデビューしたトヨタ 初代ソアラと、2代目セリカXXです。

初代セリカXXや、クラウン2ドアハードトップという高級GTに搭載されていた2.8リッター6気筒SOHCエンジン「5M」にDOHCヘッドを搭載、一気に25馬力ほど出力アップしました。

170馬力と言えば後には1.6リッターNAでも楽々達成した数値です。

しかも当時は「グロス値」という、車両に搭載した場合の負荷を考慮しない、エンジン単体での馬力ですから、それを考慮した現在の「ネット値」より15%ほど馬力が高く出る時代でした。

ですから、現在のネット値で言えば、わずか145馬力という事になります。

それでも、後に登場した2リッター6気筒DOHCの「1G-GE」がグロス160馬力(ネット136馬力)だった事を考えれば、十分にハイパワーだったのです。

大トルクと高回転高出力の両立

もっとも、グロス160馬力のDOHCエンジンと言えば、既に初代/2代目スカイラインGT-Rに搭載されていた日産「S20」でも達成しています。

しかし、大排気量DOHCエンジンには、そうした2リッタークラスまでのDOHCエンジンには無い魅力がありました。

そう、大排気量エンジンによる太いトルクを活かした、余裕のある走りです。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら