オフロード4駆とディゼールの相性は抜群!トヨタランドクルーザープラド!

トヨタランドクルーザープラドは1985年11月に、ランドクルーザープラド70系のライトバン、ワゴンとして誕生したのが始まりです。その後、1990年に「ランドクルーザープラド」としてデビューました。今回は様々仕様等を徹底解説していきたいと思います


トヨタランドクルーザープラドの特徴

 

 

トヨタのオフロードSUV

ランドクルーザープラドは、トヨタ自動車が開発し製造、販売を行っているオフロードSUV車です。その中でも、プラドはライトデューティーユースとして位置づけられています。初代モデルは198511月にランドクルーザー70系のライトデューティーバンとして発表されました。その後4回のフルモデルチェンジが行われ、現在では150系が生産販売されています。

力強い走りができるランドクルーザープラド

ランドクルーザープラドの最新モデルは、2.8リットルのディーゼルエンジンと2.7リットルのガソリンエンジンのラインナップがあります。特にディーゼルエンジンモデルは、粘り強い力強さがあり、安定した加速力を得ることが可能です。また、センターデフ式フルタイム4WDを採用しているため悪路の走行にも強い車に仕上がっています。

乗り心地も抜群な車

ランドクルーザープラドに搭載されている足回りは、ハイラックス / タコマグループと共有化されたフレームやサスペンションが採用され、悪路を走った場合でも衝撃を吸収し、乗り心地が良くなっています。特に、3代目モデル以降はオンロードでの静粛性も重視されているため、車内空間はとても静かになりました。オフロードでもオンロードでも快適な乗り心地が実現されています。

ランドクルーザープラドの歴代モデル

初代モデルは1985年にランドクルーザー70系として発表されました。ランドクルーザーに対してボンネットは短くなり、直列4気筒エンジンが搭載されています。エンジンが小さいためフロントミッドシップ車となりました。

2代目モデルは70系プラドとして1990年から販売が開始されました。ヘッドランプが角形となり精悍なフロントマスクです。エンジンとしては電子制御化された2.4Lターボの2L-TE型を採用しパワフルな走りができるようになりました。ボディーとしては、2ドアショートのメタルトップ5人乗りと4ドアセミロングの8人乗りという設定です。

3代目モデルは90系として1996年に発表され、このモデルからフレームとサスペンションがタコマ / ハイラックスサーフと共用になり乗り心地が向上しました。エンジンとしては、ガソリンは3RZ-FE 直列4気筒 2.7リットル、ディーゼルは1KZ-TE型直列4気筒3.0Lディーゼルターボが搭載されました。

4代目モデルの120系は、2002年に発表されヨーロッパ風のデザインが採用され流線型のデザインです。エンジンは最大4リットルのモデルが追加され、大排気量車となっています。

5代目モデル150系は、2009年から販売が開始され、エンジンは先代モデルを踏襲しながらも排ガス規制などをクリアし、環境に優しい車に仕上がっています。直前側方死角もカバーするマルチテレインモニターやワイドビューフロント&サイドモニターを装備したことでミラーの数が減りすっきりとしたデザインになると同時に、死角がなくなり安全性を高めました。

歴代モデルの中古車価格

初代モデルに関しては、車両が古いため中古車市場では流通していません。

2代目モデルは、150万円から300万円で販売されています。流通しているモデルは3リットルのディーゼルターボモデルが多いです。

3代目モデルの中古車は170万円から310万円で流通しています。この年代も3リットルディーゼルターボの流通が多いです。

4代目モデルは、80万円から300万円で販売されています。

最新モデルとなる5代目モデルは、350万円から530万で販売されています。

おすすめは最新型

トヨタランドクルーザープラドのおすすめのモデルは、最新モデルとなる150系です。精悍なフロントマスクと、流線的のボディーが近未来的でとても魅力的です。また、搭載された新型エンジンは燃費の良さと環境性能、走りの良さの全ての条件を満たしています。サスペンションなども最適化されているため快適な乗り心地が自慢の車です。

最新型モデルの燃費

トヨタランドクルーザープラドの最新モデルの燃費は、2.7リットルエンジンモデルは、JC08モードで1リットルあたり9.0キロメートル、ディーゼルモデルは2.8リットルエンジンが搭載されていて、JC08モードにて1リットルあたり11.8キロメートルとなっています。環境性能に関しても、「平成22年度燃費基準+10%」をクリアしています。

最新モデルの維持費

トヨタランドクルーザプラドの最新モデルである150系の年間の維持費は以下の通りです。

自動車税:51,000

車検代:150,000

・毎月かかる費用

ガソリン代

11km&カタログ燃費×軽油110円、レギュラー120円、ハイオク130円、):93,220

駐車場代:1万円

任意保険代(年齢30歳、免許証ブルー、30歳以

上限定、本人限定、車両保険無し、新規で申込、

年間走行距離11000km以下):67,650

オススメのオプション

個性的な演出をするためにドレスアップしていて欲しい

ランドクルーザープラドを人とは異なる個性的な演出をするには、ドレスアップが欠かせません。プラドの場合はSUVパッケージとして、フロントバンパープロテクター、サイドステップカバー、リアスキッドプレート、LEDフォグランプなどがセットになったメーカーオプションとなっています。価格は、142,560円です。

ロングドライブを快適にするためにナビゲーションシステム

ロングドライブを快適にするためにも、カーナビゲーションシステムは欠かせません。純正品が付いていれば、ダッシュボードへの収まりも良いです。純正品の場合は、スタンダードモデルが156,600円、DCMパッケージが201,960円にて販売されています。どちらのモデルもナビゲーション機能だけではなく、フルセグテレビやDVD、映像音楽メディアなども再生可能です。

操作を快適にしてくれるオプション

ランドクルーザープラドには、オートリトラクタブルミラーのオプションがあり、この装備はドアのロック・アンロックに連動して自動的にドアミラーが格納・復帰してくれます。価格は14,040円です。また、エンジンを遠隔操作にてスタートできるリモートスタートも冬場の暖機運転の時に便利です。価格は84,240円です。

まとめ

最新型のランドクルーザープラドで快適なアウトドアライフを

今回ご紹介したランドクルーザープラドは、パワフルなエンジンを搭載し、力強い走りができるよう全モデル4WDシステムが採用されています。そのため、雪道や砂利道などの悪路を走るのに適しており、スキーやキャンプなどのアウトドアに最適な車です。最新モデルであれば優れたエアバッグシステムが搭載されているので、どの方向から衝突を受けても安全に設計されています。アウトドアライフを楽しみたい人は、ぜひトヨタランドクルーザープラドに乗ってみてはいかがでしょうか。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら