老後を楽しむための大人の車5選。自分のための車選び

生きていれば誰にとっても必ず訪れる老後の生活。今までの生活からはガラッと代わり、仕事も子供の心配もなくなって自分の人生を楽しむ期間とも言えます。そういった生活に変わるにあたって、車の購入を考える方も少なくないのではないでしょうか。老後の期間と言っても最近は高齢の方が運転する車による事故も起きていますから、そこまで乗れる期間は長くはないです。しかし、短い期間だからこそ思い切った車を購入するのも楽しはずです。そこで今回は、そんな老後を楽しむための大人の車を5つ紹介していきたいと思います。

老後の車に欲しい要素

安全性

まずは何と言っても車の安全性。一番重視すべき項目でしょう。最近のニュースでは高齢者による踏み間違えなどの事故が多くなっています。高齢車だからこそ、こういったことがないように安全性能を気にするということはとても大切です。車の技術の進化により、最近の車ではどんどん安全を確保する機能が出てきました。衝突被害軽減ブレーキもその中の一つで、あるとないとでは死亡率が大幅に変わってきます。なので、そういった機能がある車を選んでいきます。

固すぎない乗り心地

次に固すぎない乗り心地。正直このあたりは好みにもよるのですが、多くの人は年をとってくると柔らかい乗り心地を好むようになります。老後生活をゆったり過ごしたいという人も多いでしょう。そこで、ここではあまり固すぎない乗り心地の車の中から選んでいきたいと思います。

車高が高すぎない

最後は車高が高すぎないという要素。これはもう単純明快ですが、やはり車高が高すぎると車に乗り降りするたびに大変な思いをしなくてはならなくなります。せっかく買った車なら楽しく乗りつづけたいですし、それが面倒になってしまって車に乗らないということになってしまった方がもったいないです。そのため車高が高すぎないという要素も重要でしょう。

オススメの車5選

日産 ノートe-power

まず紹介するのは、日産のノートe-power。販売台数ランキングでは必ず上位に入ってくるほどの人気車種ですが、この車は老後で使う車としても非常に優秀です。ノートe-powerはハイブリッドになっているため、燃費もよく、乗り心地も非常に柔らかい車となっています。また、車両本体価格も低価格に抑えているため、老後の車にお金を使いすぎてしまうということもありません。安全装備を見てみても衝突被害軽減ブレーキは歩行者にも対応していますし、クルーズコントロールも付いているので安心して乗ることができます。まさに、老後の車の定番と言ったところでしょうか。

ホンダ レジェンド

https://www.honda.co.jp/LEGEND/webcatalog/styling/design/image/pic_styling_gallery_03.jpg

続いて紹介するのはホンダのレジェンド。こちらの車もハイブリッドとなっており、柔らかい乗り心地です。レジェンドの特徴はその四駆システム。前をエンジン、後ろをモーターで制御することでパワフルな走りを実現しています。その配分も曲がる時は外側の後輪に多く力をかけたりと非常に細かく走っていて楽しいという車になっています。また、デザインも非常に落ち着いていて大人っぽいものに仕上がっていますね。少し高級志向の車を求めている人におすすめです。もちろん安全装備もHoda Sensingが付いているので衝突回避や渋滞支援機能など今の現代の最新の機能は網羅されていて文句なしです。

ベンツ Cクラス

3台目はベンツのCクラス。今回は価格的なところも考えてCクラスを選ばせていただきました。ベンツの乗り心地に関してはもう言うことはないでしょう。静かで滑らかな乗り心地です。ベンツは車作りをする上で安全というところに非常に重きを置いています。安全装備はどんどん積極的に取りいれ、注意力低下を警告する機能や横転時に乗員を守る機能など、最新の車にも様々な安全装備が施されています。ベンツに偉い人が乗るというイメージがあるのはこういったところからでしょう。老後、ゆったりと乗るのに良い車ですね。

日産 セフィーロ

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/b/bb/Nissan_Cefiro_1988.JPG/800px-Nissan_Cefiro_1988.JPG

続いて4台目。ここからは少し系統が変わってきます。紹介するのは日産のセフィーロ。セフィーロは1988年に日産から発売された車で、当時井上陽水さんが出演していたCMの「皆さん、元気ですか?失礼します」というセリフ、そしてキャッチフレーズの「くうねるあそぶ。」が話題になり大ヒットしました。セフィーロは販売方法でも今までの車にはない、エンジン・サスペンション・トランスミッション・内外装の色などを自分ですべてカスタムできるという全く新しい販売方法を行なっていました。この車を子供の頃に見ていた人にとっては憧れがあるのではないでしょうか。老後生活で少しお金の溜まった今、昔憧れだった車を買うというのもありかもしれませんね。

マツダ ロードスター

最後はマツダのロードスター。こちらは老後でも車の走りを楽しみたい、憧れだったオープンカーに乗ってみたいという方におすすめです。今まで使い勝手や燃費を一番に優先してきた車選びから、自分のための車選びができる機会ですから、思い切って自分のずっと憧れたスポーツカーを買うというのもきっと楽しいでしょう。後輪駆動のSKYACTIVのもたらす走りはまさに人馬一体という走りで、そこまで固い走りでもありません。さらに安全装備においても、衝突被害軽減ブレーキや踏み間違え防止の機能など充実しています。これから、自分が今まで我慢していた車を買いたいという方にぴったりです。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら