こんな中古車には要注意。事故車と金融車の危険性

中古車は新車と違い、個体一個一個にそれぞれ特徴があります。走行距離だったり年式だったり、状態はバラバラです。そういった中古車を購入する際に重要になってくるのは、数ある中古車の中から自分の条件にあった車両を選別する力。どういった状態の車を避けた方が良いのかを知るということも大事です。例えば事故車などは多くの人が避けたいと思うでしょう。そして、意外と知られていないのが金融車という状態の中古車。これらの車は避けたいというそれ相応なりのデメリットがあります。そこで今回は、そんな避けた方が良い中古車の事故車と金融車についてお話していきます。

事故車とは?

まずは事故車について、どういった状態のものなのか説明していきます。

事故の損傷部を修理した車

事故車とは一言で言いますと、事故で損傷した部分を修理して販売している車のことを指します。この損傷という部分にもしっかり定義が決められていて、自動車のフレーム部分を損傷し修復した場合は事故車となります。つまり、例え事故を起こして修理したとしてもこのフレーム部分じゃなければ事故車とはならないのです。事故車の定義がこのフレーム部分と決められているわけは、フレームが自動車の根本的な骨格を形成しているからです。この根本的な部分を損傷してしまうと、自動車は全く同じようには修理できないため、どうしても耐久性が低くなってしまいます。安全性の面で問題がある車はなるべく避けるべきです。

修復歴で判断

とはいえ、事故車を販売する中古車店には事故歴を表示する義務はありません。ではどう判断すれば良いのかというと、修復歴で判断をします。事故車はどんな事故が起きたかは表示しなくても良いのですが修復歴がある車はその旨を表示しなければなりません。それだけ安全性に差があるということですね。そのため事故車を買いたくない場合は修復歴なしと書いてある車を探しましょう。

自殺に使われた車は事故車?

車は密室が作れるという性質上、悲しいことですが自殺に使われることがあります。また、自殺でなくても排気口や前方のボンネットが雪に埋もれてしまって、一酸化中毒で亡くなってしまうことがあります。よく、不動産で使われる事故物件という言葉はそういった意味合いがあるので、自動車も同じかと考える人がいますが、自動車の事故車は先ほど話した通り、修復をした車のため自殺に使われた車や一酸化炭素中毒で亡くなってしまった人の車は事故車とは呼びません。そういった車は特に表示義務もないため、特に匂いがひどかったりしない場合は、一般的な中古車と同様に中古車オークションに出され販売されています。そのため判断するのは非常に難しいのですが、練炭の匂いが多少残っていることもあるのでそういった所を見ておくしかありません。

金融車とは?

続いて金融車について説明していきます。

ローンの担保となっていた車


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら