車のラッピングにかかる費用はいくら?ラッピングをする場合のメリット4つ

カーラッピングの費用は、一般的に塗装をするよりも安いです。こちらも車種やラッピング、塗装の種類によって大きく異なります。カーボン調のテクスチャなど塗装では難しいデザインも、ラッピングでは可能です。しかし、ラッピングは剥がす際に塗装も一緒に剥がれてしまうことがあるので、施工前に剥がす際の注意点を確認しておく必要があるでしょう。

メリット3:好きなデザインにすることができる

カーラッピングの方が、塗装よりもデザインが豊富です。塗装は、細かい柄やメタリックカラーなどを表現することが難しいですが、カーラッピングはフィルムを貼るだけなので、さまざまなバリエーションのデザインが選べます。また、塗装に比べて施工期間が短く色ムラがないことも特徴です。

メリット4:部品交換の際に役立つ

カーラッピングは、万が一の部品交換の際に役立ちます。たとえば、事故で車を損傷した場合、中古車だと同色の部品が見つからないことがあります。メーカーに注文すると非常に高額になるうえに、現在製造をしていない場合もあるので緊急で部品交換が必要な際には大変です。しかし、同色でなくてもラッピングをすることでリーズナブルに中古部品などと交換ができます。

車のラッピングで知っておくべきこと

車のラッピングでの注意点を3つご紹介します。車のラッピングには多くのメリットが存在します。しかし、気をつけなければならない注意事項が大きく分けて3つありますので注意してください。

知っておくべきこと1:寿命は約3~5年

カーラッピングの寿命は、約3〜5年です。こちらはあくまでも目安です。ラッピングのフィルムは多彩な種類があります。また、車の使用方法や駐車状況、洗車回数などによっても大きく変化します。ほとんどの場合、ラッピングを剥がす際にも費用が発生するので長期的な計画を立ててラッピングする必要があるでしょう。

知っておくべきこと2:ガレージ管理が理想

カーラッピングされた車は、ガレージ管理が理想です。一般的に屋外では約3~5年程度の耐久性があり、色あせなどにつよい特徴がありますがフィルムの色や種類、保管状況によって変化します。とくに寒冷地で雪がつねに付着している状態や、つよい紫外線を長く浴びている状態が続くと、耐久性は下がってしまいます。総合的に見て、車へのダメージが少ないガレージ管理が理想と言えるでしょう。また、定期メンテナンスとして推奨された洗車やワックスも必要です。

知っておくべきこと3:メーカーごとに耐久性が違う

カーラッピングは、メーカーごとに耐久性が違います。現在、日本国内で主流のメーカーは、3M、HEXIS、ARLON、AVERYなどがあります。どのメーカーも色や柄や費用にくわえ、接着剤や柔軟性が異なります。非常に種類が豊富なので直接業者に相談するのもいいですが、あらかじめカーラッピングフィルム専門店で、自分好みのフィルムを探しておくことをおすすめします。

車のラッピングについて知ろう!

車のラッピングはメリットが多いです。カーラッピングは比較的新しい技術です。今まで車のカラー変更は塗装しかありませんでしたが、フィルム技術の進化により塗装以上に多彩なカラーを気軽に楽しめるようになりました。きちんと注意点を理解することで、愛車をより楽しく大切にできます。塗装技術ではできなかった多様性がありますので、自分だけのカラーリングでオンリーワンの愛車を表現してみましょう。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら