タイヤラックのおすすめ6選とは?タイヤの保管の仕方も4つ解説!

タイヤやゴムの劣化は、湿気や直射日光(紫外線)が原因になります。そのため、きれいに洗って乾燥させたタイヤは、紫外線や雨水などが当たらない場所に保管しましょう。駐車場などの屋外に保管せざるを得ない場合は、専用のカバーでタイヤラックを覆って紫外線や雨から守ってください。日光や雨が当たる場所でのタイヤの保管には、カバーがあると便利です。

保管の仕方4:タイヤ保管サービスを使う

最近では、オートバックスなどタイヤを取り扱う店舗で、タイヤ保管サービスを行っているところもあります。収納スペースがない方や重いタイヤを運ぶのが大変な方におすすめです。屋外の駐車場などに保管して盗難にあうケースもあり、店舗での管理は安心して依頼できます。サービスを利用するには、取り扱い店舗にタイヤ返却や交換の予約を入れて、予約日に店舗に行きます。そして、タイヤの交換をした後は、取り外したタイヤを店舗で保管してもらえるのでおすすめです。

タイヤの保管にはタイヤラックを使おう!

タイヤラックには収納できる個数や重さ、保管する場所、機能性などさまざまな違いがあることを紹介してきました。タイヤの保管の仕方で紹介した汚れを落としたり、乾かしたり、日光を避けたりすることで、より長持ちさせることができます。今回紹介した情報を参考に、お気に入りのタイヤラックをぜひ探してみてください。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら