静かなブームを呼んでいる「車中泊」を楽しむためのおすすめ軽自動車10選

パワフルな走りを求めている人におすすめの軽自動車です。スズキから販売されている「アルトワークス」はVVTターボが搭載されているのでパワフルな走行ができます。アルトワークスは普通車並みの走行性能が望めるので、街乗りだけでなく長距離の運転も楽しめる上、マニュアル車も選べます。アルトワークスを車中泊仕様にする場合は後部座席をフルフラットにして寝床を作成するようになっています。

おすすめ軽自動車5:スズキ スーパーキャリイ

https://www.suzuki.co.jp/car/carry/performance_eco/img/img10.jpg

車中泊ができる軽トラを求めている人におすすめです。軽トラといえば農業などの作業を行う時に活躍するイメージがありますが、スズキから販売されている「スーパーキャリイ」は軽トラには見られなかった座席のリクライニングが可能になっています。さらに助手席の背面を倒すとテーブル代わりにもなり、座席の後部に設置されているキャビンを併せて活用すれば寝るのは外になってしまいそうですが、車中泊を楽しむことができます。

おすすめ軽自動車6:ダイハツ アトレーワゴン

https://www.daihatsu.co.jp/lineup/atrai/img03_exterior/main01.jpg

座り心地の良い軽自動車を求めている人におすすめです。車中泊をする時に、フルフラットにした座席の上にマットレスやクッションなどで寝床を整えますが、ダイハツから販売されている「アトレーワゴン」は座席が座り心地が良いので、フルフラットにした状態でも身体を休めることができます。また荷室がフラットになるので、車中泊を満喫できるように荷室をカスタマイズして楽しむことも出来ます。

おすすめ軽自動車7:ダイハツ ハイゼットカーゴ

https://www.daihatsu.co.jp/lineup/cargo/img03_exterior/07_01_03.jpg

楽に荷室を車中泊に変えたい人におすすめの軽自動車です。ダイハツから販売されている「ハイゼットカーゴ」は、荷室が多くの荷物を運べるフルフラット仕様になっています。そういったこともあり仕事用に多く使用されている車種ですが、車中泊用としても人気があります。後部座席もフルフラット状態にすると荷室長が1,750㎜となるので、荷室を車中泊仕様にした場合に身長のある人でも足を延ばしてゆっくりと眠ることができます。

おすすめ軽自動車8:スズキ ジムニー

https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/styling/img/img01.jpg

アウトドアと車中泊を満喫したい人におすすめの軽自動車です。家族やカップルで車中泊を楽しみたい人もいますが、1人でアウトドアや車中泊を楽しみたい人もいるのではないでしょうか。そういった1人で楽しみたい人に向いている軽自動車が、スズキから販売されている「ジムニー」です。ジムニーは、オフロード車なのでアウトドアに向いていますし、助手席にセットできるベッドクッションがオプションとして販売されています。

おすすめ軽自動車9:スズキ ワゴンR

https://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/styling/img/image01.jpg

運転のしやすさと車中泊ができる軽自動車を求めている人におすすめです。スズキから販売されている「ワゴンR」は1993年から販売されています。そのため、街中でもよく見かける機会もあり、多くのユーザーに愛用されている車種です。そんな人気の高いワゴンRですが、車中泊ができることでも知られています。フルフラットにした状態に車中泊用のマットを使用すると車室が寝室に早変わりします。

おすすめ軽自動車10:スズキ エブリィワゴン

https://www.suzuki.co.jp/car/everywagon/styling/img/img01.jpg

大人4人で車中泊をしたい人におすすめの軽自動車です。軽自動車で車中泊をしようとすると2人までしかできないのですが、スズキから販売されている「エブリィワゴン」には二段ベッドにできるアクセサリーオプションがあります。耐荷重的に上段は80㎏までとなっているので、エブリィワゴンは大人4人まで車1台で車中泊ができます。他にも、夫婦と子供2人いるような家族連れで車中泊をしたいにもおすすめの軽自動車です。

車中泊はどこでできる?

車中泊ができる場所を紹介します。車中泊ができる場所は、道の駅、高速道路のサービスエリアやパーキングエリア、オートキャンプ場です。高速道路のサービスエリアやパーキングエリアは、トイレや売店、レストランが利用できます。道の駅のトイレも時間を気にせず利用できますし、中には温泉の設備がある道の駅もあります。また、オートキャンプ場であれば車をテント替わりにキャンプを楽しむことができます。

禁止区域に注意

車中泊が禁止区域になっている道の駅もあるので気をつけましょう。道の駅は車中泊ができるスポットの1つに挙げられますが、中には車中泊が禁止になっている道の駅もあるでしょう。禁止区域に指定されているにもかかわらず車中泊を行うと、道の駅側から注意を受けるなど思わぬトラブルにあうことにもなります。そうならない為にも、予め利用する道の駅が車中泊が可能なのか確認しておくことをおすすめします。

車中泊を楽しむには適切な車選びから!

車中泊を快適に楽しむためには、車室が広く高さもあり座席がフルフラットにできる軽自動車を選ぶことがとても大切になってきます。また、プライベート空間やプライバシーを守るためにもカーテンなどが必須なアイテムと言えるでしょう。車中泊ができるところかをしっかりと確認してから、ルールに沿って上で楽しい車中泊をしましょう。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら