【日産 ジュークCM】車に乗っている気になる美人女性とは??

日産ジュークCM、パパラッチに追われながらもドリフトする女性誰だか気になりますね。ハンドルを握ってるのは女優の祐真キキさんです。今回はそんな日産ジュークについてまとめてみました。


日産ジュークの特徴

ジュークの特徴について

女優の祐真キキさんがCMに出ていて世間で話題になっている車日産ジュークについて紹介します。
ジュークは、日産自動車が製造し販売しているコンパクトクロスオーバーSUV乗用車になります。2010年にフランスで発売が開始され、同年6月に日本でも1.5LFF車が販売されその後、イギリスや中国でも販売されるようになります。ジュークの名前の由来は、英語で軽快にかわすという意味があり、機敏や前向きという意味がこめられています。
ほかにも、NISMO、ジュークRという名前で販売もされており、ジュークRは日産のGT-RのVR38DETTをジュークに移植したモデルになり、通常のジュークは最高速度は200キロですが、こちらは最高速度は257キロ出すことができます。このモデルは、ドバイで開催された24時間耐久レースでペースカーを務めた車でもあります。
現在、どのメーカもコンパクトSUVを売り出していますが、ホンダのヴェゼルやトヨタのC-HRも後部座席にあるドアノブをCピラー上に設置したことでクーペ風にしていますが、コンパクトSUVで最初にこのクーペ風に取り組んだのは日産のジュークになり後から他のメーカも参考にしていることがわかります。

ジュークのメカニズムが凄い

CMで話題の日産ジュークですが、メカニズムがすごいのです。プラットファームという車両の構成部分の一連の組み合わせのことで、Bプラットフォームが使われています。サスペンションにはキューブと同様にカヤバ工業のストラット式サスペンション、リアにはトーションビーム式サスペンションを使っているので柔らかく乗り心地がよくなっています。
ほかにも、日本仕様車のエンジンには世界初となるデュアルインジェスターを搭載した改良型を販売し、その後、直噴ターボエンジンを搭載したモデルが販売され話題となりました。
2014年にマイナーチェンジされ、直噴ガソリンエンジンでは世界初のロープレッシャークールドEGRを搭載したことで、燃費向上や加速性を高められることにつながり人気がさらに高まります。

ジュークのデザインに注目

日産のCM以外にも道路でデザインが特徴的なジュークを目にすることがあると思います。ジュークは、クーペとSUVを融合したデザインが特徴的でもあります。日産のスカイラインクロスオーバーを彷彿させる見た目であります。なかでも個性的なのは、ヘッドライトの部分で、ラリーカーの大型フォグランプを意識したものになってます。また、後部座席のドアノブがボディになくCピーラー上に設置したことでクーペ風に見せることができるとともにスポーティさも表現しています。
また、センターコンソールはバイクのタンクを意識したデザインになっています。

グレードについて

日本での発売当初は、15RSと15RXの下から2つのグレードのみが販売されていましたが、2011年には、特別仕様車の15RS Type Vと15RX Type vが販売されます。その後も2012年にプレミアムホワイトパッケージという特別仕様車が販売されたりと販売開始から毎年新モデルが登場しています。
2014年には、マイナーチェンジの際にグレード名を発売当初の15RS・15RX ・16GT・16GT FOURの名前に戻したことと、特別仕様車を普及させるためにエクステリアとインテリアの色のコンビネーションを90パターン選ぶことができることを15RSを除く全グレードに設定しています。

エクステリア・インテリア

ジュークのトランクについて

トランクについてですが、ラゲッジルームの大きさは日産のマーチやノートと大きさが同じです。ジュークのラゲッジルームには、4名乗車時に9インチのゴルフバック、または大型のスーツケース1個を積みこめるスペースが確保できます。また、後部座席の6:4分割シートの背もたれを倒すと大容量のスペースができます。
SUVでもあるので、旅行やレジャーの際に荷物や道具をラゲッジルームに詰め込むことを考えると少々物足りないと思います。運転席と助手席のみに乗れば後部座席を倒すことができるので大量の荷物を積み込むことができます。

車内の空間性について

車内についてですが、車幅は176ミリメートルありスカイラインセダンに近く、全高は1570ミリメートルでノートより少し高いです。全長は413ミリメートルあります。助手席にはダッシュボードが出ているので足を組んだりするとぶつかることもあります。後部座席は広々空間ではありませんが、背もたれと膝にこぶし1個分くらい余裕があります。しかし、車高が高くないために大柄な方が後部座席に乗ると頭が天井に触れてしまうことがあり車高に関しては余裕がないです。また、後部座席に3人乗ってしまうと運転席からの後方視界が見にくくなります。

ジュークの燃費について

燃費についてですが、例えば街中を30キロ走行し、スタート&ゴーを繰り返すと燃費は約10.3です。カタログ値では18と表示されているので物足りないかと思えます。しかし、高速道路なとでは一定の速度を維持することで燃費をあげることができます。クルーズコントロールも装備されているので速度決めて制限することも可能です。また、エアコンや乗車人数により燃費の変動が大きく変わります。ジュークにはエコモードという機能がついています。燃費については気になりますが、無駄なアクセル踏みを軽減してくれます。車間の幅を広く開けることや急発進急加速をしなければカタログ値以上の数値が期待できます。

まとめ

ジュークはおすすめの一台

ジュークは、エクステリアやインテリアなとが特徴的ではありますが、走行性能や乗り心地も大変高いです。車内の居住性が難点でもありますが、4人乗りをすれば問題なく乗れる車です。ラゲッジルームが狭いと紹介しましたが、ジュークに標準装備されているタイヤ4本をラゲッジルームに積み込むことは可能なので、冬季や春季でタイヤ交換する際にはラゲッジルームを問題なく使うことができます。また、後部座席と助手席を倒せば大人用のサイクル自転車も乗せることが可能です。燃費の問題も低燃費の運転の仕方を心がければ燃費は良くなります。2017年秋には、フルモデルチェンジが予定されていてハイブリッド機能のジュークが販売される予定です。ハイブリッド車の場合は、燃費がガソリン車と比べると伸びますがその分販売価格が高くなることがあります。どちらを買おうか迷った際には、ガソリン車の価格とハイブリッド車の価格を比べて年間のガソリン代を考えて長期に渡って乗るのであればハイブリッド車を選んだ方が経済的なことがあります。
現在のモデルは男性、女性共に人気がある車です。カラーも豊富なのでオプションも追加し自分オリジナルの車を作ることができます。

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?