スバル迷走時代の始まり?初代レオーネ

スバル待望の第2世代大衆車

1966年、トヨタ カローラや日産 サニーの同期として大衆車スバル1000をデビューさせたスバル。 水平対向4気筒エンジンを搭載したことで他社の直列4気筒エンジンと比較して、エンジン縦置きでも前後方向のエンジン全長が短いことから、そのぶん乗車スペースを大きく広く取れるという、スペース効率に優れたモデルでした。 また、フロントブレーキには現在の車のほとんどで採用されている、タイヤ側(外側)にブレーキを持つアウトボード式ではなく、エンジン側(内側)にブレーキを持つインボード式で、左右重量物を極力中心近くに置くなど、特徴的なモデルでもあったのです。 ただし、それまでスバル360や商用車のサンバーをヒットさせて「軽自動車メーカー」としては有名だったスバルも普通車メーカーとしては新参で、市場にはなかなか受け入れてもらえませんでした。 ライバルに対する競争力を上げるため、排気量の拡大や、ツインキャブレターを装着したスポーツモデルも設定したものの、パっとしないまま1970年代を迎えます。 そしてわずか5年でスバル1000シリーズ(ff-1 1300Gなど)のほとんど全てに見切りをつけたスバルは、待望の第2世代大衆車「レオーネ」でライバルへの追撃を図ることにしたのです。

特色の多くを失った初代レオーネ

1971年10月に初代レオーネはデビューしますが、スバルは1968年に日産と提携していました。 その3年後に登場したレオーネは日産の影響を受けた、よく言えば「一般受けしやすい普通の車」として作られます。 まずデザイン面では、当初2ドアクーペが先行してデビューしたということもありますが、ライバルと同じようなロングノーズ・ショートデッキ型。 これは見る者に躍動感を与えますので確かに一般受けはするのですが、水平対向エンジンを活かしたショートノーズ・ロングキャビンを実現していたスバルでは不要なレイアウトです。 ブレーキも一般的なアウトボード式になりましたが、こちらは整備性向上という面もあるため、あながち悪いばかりでもありません。 とはいえ、どちらもスバル車を特徴づけていたポイントでしたので、それまでスバルを支持していた層からレオーネはソッポを向かれる形となりました。 何しろ、せっかく水平対向エンジンを採用していながら、それを全く活かしていないのですから当然のことです。 新規ユーザーがそれ以上に増えてくれれば取り返せる話でしたが、フロントマスクが他社と比べてアクの強い一般受けしにくいもので、これはレオーネの最終型やレガシィでスリムなデザインが採用されるまで、スバルの特徴となります。

水平対向エンジン+4WDの始まり


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら