実は車に近い構造をしている?ミニ四駆から学ぶ車が動く仕組み

ミニ四駆はタミヤが販売しているモーターを使用した自動車のプラモデルです。モーターを搭載し、4輪駆動の駆動方式を採用。乾電池を動力源として走行し、基本的にスロットカーのように固定のコースを走らせて遊びます。ミニ四駆のモーターなどを載せ替えて行うカスタマイズで人気を博し、現在でも人気のある遊びとなっています。そんなミニ四駆を幼少期に遊んでいた人も多いのではないでしょうか。実はミニ四駆と実際の自動車の仕組みは似ているので紹介していきたいと思います。

ミニ四駆の仕組みとは?

幼い頃に遊んでいた人も多いであろうミニ四駆の基礎的な仕組みを紹介していきたいと思います。また、ミニ四駆の仕組みを詳しく知ることで実際の自動車の仕組みを理解しやすくなるのではないでしょうか。

ミニ四駆の仕組み

幼少期に遊んでいたであろうミニ四駆は子供が扱いやすいサイズで作られているように感じます。実際のミニ四駆のスケールは単3型乾電池を2本入れやすいように1/32の大きさで作られています。モーターの発生させる力をクランクシャフトを使用して前輪と後輪に伝える仕組みとなっています。しかし、実際の自動車とは違い車両真ん中にクランクシャフトを置いているのではなく、車両の外側付近に設置されています。

簡単に改造できるミニ四駆


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら