実は車に近い構造をしている?ミニ四駆から学ぶ車が動く仕組み

ミニ四駆はタミヤが販売しているモーターを使用した自動車のプラモデルです。モーターを搭載し、4輪駆動の駆動方式を採用。乾電池を動力源として走行し、基本的にスロットカーのように固定のコースを走らせて遊びます。ミニ四駆のモーターなどを載せ替えて行うカスタマイズで人気を博し、現在でも人気のある遊びとなっています。そんなミニ四駆を幼少期に遊んでいた人も多いのではないでしょうか。実はミニ四駆と実際の自動車の仕組みは似ているので紹介していきたいと思います。

ミニ四駆の仕組みとは?

幼い頃に遊んでいた人も多いであろうミニ四駆の基礎的な仕組みを紹介していきたいと思います。また、ミニ四駆の仕組みを詳しく知ることで実際の自動車の仕組みを理解しやすくなるのではないでしょうか。

ミニ四駆の仕組み

幼少期に遊んでいたであろうミニ四駆は子供が扱いやすいサイズで作られているように感じます。実際のミニ四駆のスケールは単3型乾電池を2本入れやすいように1/32の大きさで作られています。モーターの発生させる力をクランクシャフトを使用して前輪と後輪に伝える仕組みとなっています。しかし、実際の自動車とは違い車両真ん中にクランクシャフトを置いているのではなく、車両の外側付近に設置されています。

簡単に改造できるミニ四駆

ミニ四駆の改造は実際の車よりも単純な作りでサイズも小さいため改造の基礎を学ぶことができます。基本的にモーターを取り替えたり、タイヤを交換することで改造することができます。さらに、プロペラシャフトを取り外すだけで4輪駆動だけではなく、前輪駆動のFFや後輪駆動のFR仕様にすることも可能です。しかし、ただ速さを求めて強力な電池や強力なモーターを載せるだけでは上手くいきません。しっかりコースとの相性やトータルバランスを考えながら改造する必要があるのでミニ四駆の改造は奥の深い世界です。

ミニ四駆の仕組みは電気自動車に近い?

自動車の仕組みを簡単に楽しむことができるミニ四駆ですが、近年普及し始めてきた電気自動車もミニ四駆に似ているような気がします。ミニ四駆と電気自動車はどのような箇所が似ているのか調べていきたいと思います。

ミニ四駆と電気自動車の類似点とは?

近年普及し始めている電気自動車はエンジンを動力源としている車と比べて簡易的な作りをしています。また、電気自動車に使用されているパーツ数もガソリン自動車の3分の1程度に抑えられています。そのため、ミニ四駆ほど簡易的な作りではありませんが基本的な構造はミニ四駆と類似していると言っても過言ではありません。今後、ミニ四駆のように電気自動車のカスタムが容易になれば、自動車の性能をアップさせる改造であったり渡航距離を伸ばす改造が可能になるのではないでしょうか。

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』