どれくらい知ってる?最近はあまり使わない車用語

デファレンシャルギアをのことを想像する方も多いと思いますが昔はデフォッガーという意味でも使われていました、デフォッガーは窓ガラスが曇った時などに風邪を当てて曇りをとるものでボタンにDEFと書いてあったためデフと呼んでいました。最近はあまりデフという名前は言わなくなり普通に「曇り取ってー」と言っている気がします。

平成部門

自動運転レベル

平成になって新しく出てきた車用語はそのほとんどが新しく出てきた技術の名前です。自動運転レベルもその一つで最近は自動運転技術が目まぐるしく発展しているのでその自動運転の程度を表すレベルが新しく設定されました。レベルは全部で0〜5に分けられ段階的に自動運転の定義がなされています。昭和にはもちろん自動運転なんてものはなかったので平成から新しく出てきた言葉になります。

MaaS

MaaSとはMobility as a Serviceの略でどこかに移動する際のマイカー以外の移動手段を全てスマホ一つで経路を選択し比較や予約、支払いまでできるという一種の概念です。今現在は何で移動するかを自分たちで検討していますが、それを一気に比較できるように交通手段をすべて一つの移動するツールとして見ます。海外ではどんどん進んでいますが日本ではまだその正確な定義がはっきりと決められていないためこれからさらにテレビやニュースなどで広がっていくでしょう。

ACC

こちらも新しい技術、アダプティブクルーズコントロールの略でACCです。これは前の車についていくという技術で最近はほとんどの車に標準装備されています。もちろんこの技術は昭和にはないので平成になって新しく出てきた言葉になります。なんだか先ほどのMaaSと言いACCと言い平成の言葉には英語がそのまま使われているケースが多いように感じますね。

IoT化

この言葉は自動車だけに限った話ではないかもしれませんが自動車関連にも最近は普及してきています。高速道路のETCなどがその良い例で今までは人と取引をしていたものがインターネット上で済ませるようになることを指します。これからもどんどんこのIoT化は進んでいくでしょう。

昭和の車用語は最近の若者には通じない?

昭和の車用語は最近の若者には全く通じなくなってしまっています。それはずっと叫ばれている若者の車離れにも大きく影響されているからなのですが、実際はそれだけに限らず昔に流行っていたものが今現在はほとんど使われなくなってしまったことが大きいです。特にマニュアル関連の単語はその典型で最近の若い人はほぼオートマ限定の免許しか取らないのでそこらへんの単語は全くと言って良いほどわかりません。それも今販売されているほとんどがオートマですし車が好きな人もあまりいないのでしょうがない話ではあるでしょう。ですので平成部門の車用語を見てもらえばわかると思いますが、現在は車特定の何かを表す言葉は少なくなってきており車以外の分野でも使っている言葉が多くなってきています。これからは車が独自に発展していくというよりは何かと一体化していくという風に進化していくでしょう。

車が好きな若者でも昭和の車用語はもう使わないということがほとんどですしわからないという人も多いです。もしかしたら最近の車が好きな人と昭和の車が好きな人が会話しても単語が通じないということもあるかもしれません。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら