日本輸入自動車史その6・戦前アメ車全盛期

日本輸入自動車史その6は、関東大震災を景気として、第2次大戦まで続いたアメリカ車の全盛期です。

第1次世界大戦と関東大震災が自動車業界を変えた

1920年代前半まで、日本の自動車業界はそれほど急速な発達を見せたわけではありませんでした。

1910年代、大正時代に入ってから商社による輸入車販売がそれなりに軌道に乗りだしたものの、それが安定して産業になるにはまだ時間がかかったのです。

第1次世界大戦に連合国として参戦、戦勝国として大きな利益を得て、世界の大国の仲間入りを果たした日本でしたが、戦後不況で経済が停滞した時期もあり、自動車が大量に売れる素地はまだ整っていません。

前回紹介したヤナセ(梁瀬商会)がGM車の輸入を行い、フォードもそれ以前から日本への輸出を始めており、いわゆるマーケット・リサーチをしながら、本格参入の時期を見計らっていたと言えます。

そしてその時期は、それほど待たずに訪れました。

1923年9月1日に発生した、関東大震災です。

復興需要と輸送力強化

関東大震災で崩壊した東京など首都圏がまだその無残な姿をさらしていた時、真っ先に自動車が必要な事に築いたのが、梁瀬商会だった事も前回書きました。

壊滅した大都市で自動車など誰が買うのか、と懐疑的だったアメリカの自動車メーカーでしたが、梁瀬商会が緊急輸入した自動車が飛ぶように売れたのを見て、今こそ市場参入の好機到来!と腰を上げたのが、GMとフォードだったのです。

復興需要を契機に、日本で本格的なモータリゼーションが始まる事を予見した両社は、1925年にフォード日本、1927年に日本GM(日本ゼネラル・モータース)を相次いで設立。

日本フォードは横浜に、日本GMは大阪に工場を建設、現地生産を開始したのでした。

部品を輸入したノックダウン生産

ここで重要なのは、フォード、GMとも日本での現地生産を開始したとはいえ、両社ともあくまで「輸入車」にとどまった事です。

現在の日本車が世界中で生産しているのとは違い、当時の日本には現地でフォードやGMが求めるレベルの精度で自動車部品を大量生産できる工業力がありませんでした。

日本の工業は小規模な家庭内工業レベルにとどまっており、職人芸として優れた製品を作る能力はあっても、それを機械を使って大量生産する技術も無く、マトモな工作機械の国産など第2次大戦に敗戦するまで実現していません。

そこで、部品を100%輸入して日本は単なる組立工場とする「ノックダウン生産」を採用しました。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら