【ラグビー田村優 登場!】新型「ディフェンダー」マクガバン氏が熱く語る!

11月3日(日)から5日(火)の3日間、代官山T-SITE GARDEN GALLERYにて「LAND ROVER NEW DEFENDER POP UP」が開催された。

フランクフルトモーターショーで披露された新型「DEFENDER」を国内でどこよりも早く展示。3日にはラグビー日本代表 田村優選手のトークショーが、4日にはランドローバーのチーフデザインオフィサー ジェリー・マクガバン氏といすゞ、日産で活躍してきたカーデザイナー 中村史郎氏によるトークショーが行われた。

田村優選手トークショー

RWC2019組合せ抽選会にて/京都 https://www.landrover.co.jp/offers-and-finance/landrover-special-cars/rwc2019-se-car.html

ポップアップの初日である11月3日(日)にはその2週間前までラグビーワールドカップで死闘を演じ、全国を感動の渦に包んだ日本代表・田村優選手によるトークショーが行われた。開演は午後2時だったのだが整理券は午前7時にはほとんど無くなった(整理券の配布予定時刻は午前11時だったにもかかわらず)。客層も女性が6~7割であり、本来クルマやランドローバーに興味のない人たちも参加するきっかけになっていた。今の高いラグビー人気がうかがえた。

ランドローバーはキッズラグビーや地域のクラブチームなど、世界のあらゆるラグビーを20年以上にわたってサポートしてきた。ラグビーワールドカップも3大会連続でパートナーシップを組んでおり、今回は日本代表からリーチ・マイケル主将と田村優選手、ドラマ「ノーサイド・ゲーム」で話題となった元プロ 廣瀬俊朗氏をアンバサダーに迎え、2019年大会を盛り上げた。

新型DEFENDERといえば、優勝トロフィーの贈呈式が記憶に新しい。ワールドカップで決勝戦を制した南アフリカ代表に渡された優勝トロフィー「ウェブ・エリス・カップ」。これを届けたのが元オールブラックス主将 リッチー・マコウ氏を乗せたDEFENDERであった。イギリス発祥であるラグビーとランドローバーには文化・歴史的に強い繋がりがあるという。これについては後述の「ジェリー・マクガバン×中村史郎」にて書いたのでこのまま読み進めていただければと思う。

こうしたラグビーとの深い関わりがあって、今回のトークショーが実現した。

ラグビーワールドカップを振り返る田村選手

田村選手のトークショーは当然ワールドカップの話題から始まった。ベスト8という結果については「悔しさよりも充実が勝る。緊張して死にそうで、睡眠薬を飲んでも眠れない日もあった」とプレッシャーを乗り越えて勝ち取ったものだと語った。また決勝戦(南アフリカ vs イングランド)について聞かれ、「五郎丸さんと観ていた。どちらを応援していたというのはないが、共に情熱的なチームだった」と両者を称えた。

新型ディフェンダーを見た田村選手の反応は?

会場のすぐ後ろには新型ディフェンダーが展示されていた。それを見た田村選手の第一声は「えっ、これ2ドア⁉」 無駄をそぎ落とし、直線を生かした力強いデザインから迫力を感じて出た言葉なのだろう。

ランドローバーは「ABOVE & BEYOND − さらなる高みへの挑戦」を掲げている。誰も成し遂げたことがない、まさに未知なる高みへと挑戦してきた田村選手にディフェンダーはぴったりではないかと聞かれると「ランドローバー…似合う男になりましたか?」と笑いを誘った。また誰を乗せたいかと聞かれると「この4年間家族のように一緒にいたチームメイトや長年連れ添ってきた友達。未知の場所に連れていきたい」と答えた。

MX4Dでディフェンダーの世界を体感

トークショーの最後にはMX4Dによって新型ディフェンダーの世界観を田村選手が体験。筆者も体験したが、座席の前後の動きや揺れ、水しぶきや土ぼこりのにおいまで再現され、あらゆる大自然を乗り越えるディフェンダーの世界観をフルで体感できる。体験中は終始怖がっていた田村選手。その似つかわしくない姿は集まったファンを大いに沸かせていた。

レゴ テクニック「ランドロバー・ディフェンダー 42110」トークショー終了時に田村選手にプレゼントされた。

内部や機能にもこだわっている。2573ピースものレゴブロックによって実際に動くハンドルやウィンチ、独立したサスペンション、キャビンの中も細部まで再現されている。

ジェリー・マクガバン×中村史郎トークショー

4日(月)にはランドローバーのチーフデザインオフィサーを務めるジェリー・マクガバン氏と日本を代表するカーデザイナーの中村史郞氏によるトークショーが行われた。前日とは打って変わって男性が9割であり、生粋のランドローバーファンが集まった。

マクガバン氏は新型ディフェンダーについて「21世紀仕様の最新SUVである」と切り出し、「ブリティッシュデザインの神髄まで迫った」というそのデザインについて語った。当日は仕様の説明もあったが、この記事ではトークショーでしか聞けなかった話をお伝えしたい。

新型ディフェンダーの狙いは?デザインの魅力は?

1948年にディフェンダーの原型である「シリーズⅠ」が生まれてから71年が経った。この間、大きなモデルチェンジはなかったが今回の新型では従来の面影を残しつつも全く新しいデザインにもなっている。このことについてはマクガバン氏も「過去を認識し、そして前を向いたモダンなものを目指した」とのこと。そのデザインについては「今までで一番タフなランドローバーであり、シンプルながらも洗練されたプロポーション」となっているという。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら