最近の電気自動車はダサすぎ!?ダサい原因はどこから?

マツダ・MX-30はマツダの発表した電気自動車です。MX-30はバッテリー容量が今時の電気自動車と比べて少なく設定されています。その理由は、バッテリーを生産するのに発生するCO2を大量に排出しており、クリーンな走行をする前に環境を破壊してしまっているのを問題視しているからです。また走りの方はCX-30をベースとしており、マツダらしく乗っている人が楽しめるような設計を引き継いでいるとのことです。

電気自動車の顔の違和感の原因

電気自動車の顔に違和感を感じる人は少なくないかもしれません。次世代の自動車として開発された車は未来をデザインに取り入れているようです。しかし、そのデザインは本当に未来的で優れているのでしょうか。これから先の電気自動車を牽引していくはずの車に感じる違和感に迫っていきます。

グリルの小型化

https://www.mazda.co.jp/cars/cx-30/

https://www.mazda.com/ja/new-generation/mx-30/

電気自動車に感じる違和感の一つはグリルの小ささです。電気自動車では動力源であるモーターが前面にあるボンネットの中に収められています。この電気自動車に搭載されているモーターはほとんど発熱しません。エンジンのように発生した熱を冷却するためにインタークーラーを搭載したりする必要がなくなり非常にコンパクトです。そのため、エンジンを冷やすための風を取り入れるために大きく開いていたグリルは必要なくなり小型化されています。このグリルの小型化こそ電気自動車の特徴であり違和感の原因です。また小さくなったグリルは通常のグリルよりも上部へ移動しており違和感を演出しています。

未来感の履き違え

グリルの小さいデザインは未来感を演出するための手法なのでしょうか。基本的に発表されている車の大半は窓の面積が他の自動車と比べて少なかったり、ドアの開き方が独特であったりと自動車界の新しいデザインを見つけ出そうと試行錯誤しているのを感じます。小さくなったヘッドライトや丸みを帯びたデザインなど各自動車メーカーの創造する電気自動車には似たような印象を受けます。しかし筆者が未来感を感じるデザインは丸みを帯びたデザインよりも角ばったデザインであり、現在発表されている電気自動車は未来感からかけ離れているものが多いように感じます。

歴史を繰り返す世界

https://www.cyberpunk.net/jp/ja/

人は過ちを繰り返す生き物であり、歴史は繰り返されます。2019年に流行したタピオカブームは第三次タピオカブームと呼ばれており初めてではありません。このように流行も繰り返し発生します。車のデザインも同じで1950〜1960年代は現在の車のように丸みを帯びたものが多くありました。1970〜1980年代では角ばったデザインが主流でした。そして90年代以降は丸と角が融合したデザインが流行でしたが次第に丸みを帯びたデザインへと変わりつつあります。そのためあと20年後くらいにはSF映画で見るような未来のかっこいいデザインをした車が登場するかもしれません。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら