豪華絢爛で派手な霊柩車はどこへ?実はあまり知らない最近の霊柩車事情

昔は霊柩車と言ったら豪華な装飾を施された霊柩車を想像しましたが最近ではそのような豪華な装飾をした霊柩車はめったに見かけなくなりました。あれだけ豪華な霊柩車ですがその行方はどこへいったのでしょうか。霊柩車というのも人の死に関わるものとはいえ立派なビジネスです。そこには需要と供給があります。そして最近見かけなくなった背景には、なにかしら理由があります。そもそも、よく考えてみると霊柩車というもの自体よく知らないという人が多いと思います。霊柩車の内装は一体どうなっているのでしょうか。今回はそんな見たことはあるけどその実態はあまりよくわからない霊柩車についてお話していきます。

昔はよく見かけた宮型霊柩車

http://nittoku.info/wp/wp-content/uploads/宮形1-550×381.jpg

先ほど昔はよく見かけた豪華な装飾を施した霊柩車と紹介しましたが正式には宮型霊柩車と呼ばれています。まずなぜ日本の高級車があのような豪華な装飾をするようになったのかについてここではお話していきます。

起源は輿に

霊柩車が普及する前、もっと言えば自動車が普及する前はどのようにしてご遺体を運んでいたのかといいますと、その頃は火葬場できるところまで輿にご遺体をのせそれを何人かで担いで運んでいました。つまり人力で運んでいたのです。その後、西洋の文化が流れ込んでくるにつれ霊柩車というご遺体を車で運ぶという文化も流れ込んで来ます。そこで、日本の輿でご遺体を運ぶという文化と西洋の車でご遺体を運ぶという文化その両方が混ざり合った結果登場したのが輿を後方に乗せたようなデザインの宮型霊柩車というわけです。

なぜ霊柩車は消えてしまった?

そんな日本と西洋の文化が混じり合った宮型霊柩車ですが、なぜ最近になりその姿がめっきり見られなくなってしまったのはなぜでしょう。

葬儀に対する考えの変化

まず一つ目に挙げられる理由として葬儀に対する考え方が今と昔で大きく変わってきたことが挙げられます。昔の考え方では葬儀とは宗教的なものでお金は気にせずに社会的にやらなければならないものとして扱われてきましたが、最近ではその考え方はどちらかと言えば少数派となりお金をかけずに故人の意志に基づいてやりたいようにやるものと考えられています。この考え方の変化は霊柩車に大きく影響してきていて宮型霊柩車はその豪華な見た目から管理などにどうしても費用がかかってしまい、借りるだけでも現在の相場では5万円ほどかかってしまいます。その結果宮型霊柩車を葬儀に選ぶ人の数は年々減少しているのです。

豪華な装飾は目立ちすぎ?

次に挙げられるのが豪華な装飾が目立ちすぎるという点です。その目立つような豪華な装飾の影響で宮型霊柩車には葬儀や死というイメージがついてしまっているのにも関わらず、どうしても走っていると目についてしまいます。葬儀場や火葬場の場所はある程度決まっているのが当たり前ですので、多い時には何度もそのような死を思わせる車を見てしまうということになります。それでは近所の住民が良く思わないというのも理解できます。そのため最近では宮型霊柩車の乗り入れを禁止するという火葬場も増えてきました。乗り入れが禁止されてしまっては霊柩車としてはもうどうしようもありません。宮型霊柩車の数の減少を大きく加速させることになります。

洋型霊柩車の普及

そんな宮型霊柩車が減少していく二つの理由を踏まえた上でその数を増やしていっているのが洋型の霊柩車です。今使われている大半がこのタイプの霊柩車なのではないでしょうか。洋型霊柩車は洋型と名の付く通りもともとアメリカやイギリスなどで使われていた霊柩車の型で画像を見てもらえればわかる通り、宮型霊柩車に比べれば外観が質素であり街中を走っていてもそこまで目立つことがありません。また、輿を乗せたりといった装飾もそこまで豪華に施していないため霊柩車を借りるのにかかる費用も2万5000円ほどと宮型霊柩車の半分ほどにまで少なくすることができます。この洋型霊柩車の普及がとどめとなり宮型霊柩車はいよいよその姿を消していくこととなります。

あまり知らない霊柩車の内装

道路を走っていればその外観は見ることができますが内装についてはごく限られた機会でしか見ることはできません。そこでここではあまり見る機会のない霊柩車の内装について見ていきたいと思います。

洋型霊柩車の内装


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら