【意外と知らない】車両火災の原因と対策 – どの保険が適用される?

これからの季節、空気が乾燥してくると火事のニュースが増えてきます。住宅などの建物火災や山火事など、火事というのは命を奪う本当に恐いものです。そしてそこには車の発火も含まれます。車には電気系統が張り巡らされていますし、そもそもガソリンやディーゼルといったオイルを燃やして走っています。安全を考慮したつくりになっているとはいえ、一歩間違えれば大きな災害につながります。

今回は車両火災の原因、防止策、そして火災に遭った際の対応まで詳しくお伝えします。すべての人に知っていただきたい大切なことなので、ぜひご一読ください。

車両火災の原因

火災の10件に1件が車両火災

さて、皆さんは1年間にどれだけの数の火災が起きているかご存知ですか?消防庁によると平成30年の1年間に起きた総出火件数は37,900件でした。1日あたり104件、14分ごとに1件だそうです。今この瞬間にもどこかで火事が起きているということです。

では車両火災はというと、1年間に3,653件発生しています。すべての火災のうちの10分の1が車両火災であり、それは1日1件起きているのです。とても多いですね。また、そのうち69人が命を落としています。実は建物火災の次に多く発生し、死者を出している火災が車両火災なのです。

自動車は設計、製造段階で燃えにくい材質を使用するようにしていますが、可燃性の材質も一部使用されています。その意味で小さな火種が最終的には大きな火災につながります。

では車両火災は何が原因で起こるのでしょうか。

排気管(マフラー)

車両火災の原因として最も多いのが排気管からの出火です(606件)。排気管の構造の中でエンジンに一番近いエキゾーストマニホールドは最も発熱が起こる部位です。排気の熱を受けて高温になると放射熱を発生するため、断熱材(グラスウール)が巻かれる、金属製の遮熱板が取り付けられる、セラミックコーティングが施されるなどの処置がとられています。

こうした防火対策はメインマフラー(排気出口)に至るまで施されています。ではどうして発火するのでしょうか?火災後の鑑定では多くの場合でマフラー内に繊維片の燃えカスが見つかります。つまり、整備などでの可燃物の置き忘れが原因で火災が起きているのです。

また、漏れ出たオイルがマフラーに接触することが原因となって火災が起こる例もあります。もしかすると皆さんは燃料であるガソリンが漏れ、高温のマフラーに接触すると火災が起きると考えているかもしれませんが、そのケースはほとんどありません。ガソリンは一瞬にして蒸発してしまうからです。

逆に、一般的には燃えにくいとされているオイル(エンジンオイル、ブレーキオイル)が排気管に接触したことにより火災が発生したケースは多くあります。オイルには粘性があるため排気管に付着し、いずれは発火温度に達するためです。

車両内配線/電気機器・装置

排気管の次に多い出火場所が車両内配線です。配線の経年使用による絶縁劣化、接続部の緩みや取り付け不良が原因で火災が起こります。経年劣化によって配線の芯線がボディーと接触してスパークし発火する、といった具合です。

同様の理由で他の電気系統での火災も発生しています。例えばバッテリーのターミナルは劣化しやすく、長年使っていると錆びてきます。あるいは漏れたバッテリー液によって腐食することもあります。バッテリーターミナルが緩むことによって発火の危険性が高まります。

たばこ

年間の車両火災の150件以上はたばこが原因です。誤ってたばこを落としてしまい、吸い殻は片づけたものの残った火種から出火してしまうというケースです。またダッシュボード上など、車内の直射日光があたる場所にライターを放置したことにより火災が発生した事例や、コンソールボックス前に置いていた物(ゴミ箱など)によってシガーライターが押し込まれたことによって発火した事例もあります。

放火

たばこと並んで多いのが放火による車両火災です。意外ですし、被害の防ぎようがない気もします…。ところで、放火ってどんな人がやっているか知っていますか?イタズラや気晴らしとして放火する、いわゆる愉快犯がやっているのは確かですよね。ですが実は、自分で自分の愛車に放火する人も多いのだそう。その大きな理由は保険金目当てだといいます。

車両火災が起こると多くの場合「損害調査人」が見積調査を行います。損害調査人は各保険会社が提携する損害調査会社に所属し、車両の火災状況から保険金の見積を行います。このとき、車両火災の原因が何であるかは関係しません。ということで、放火によって保険金を手に入れようとしているわけです。

その他の車両火災の原因

その他の発火要因として水の入ったペットボトル、アクセサリーを吊るすためにフロントガラスに張り付ける透明な吸盤などがあります。これらの物には太陽光を集める作用があるので部分的に高温の箇所を作ってしまうのです。

フロントウインドウに貼り付けられるのは、道路運送車両・保安基準「第29条」の細目告示第3節「第195条」に則ったものでなければならない。

また車の周囲に枯れ草があった場合、タイヤの摩擦熱や排気管の熱によって発火する場合があります。路面状況を確認するときに枯れ草を気にする人は多くありませんが、乾燥するこの時期は特に注意が必要です。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら