BMWはもともと飛行機用エンジンメーカー?BMWの歴史と名車

Z4はBMWの販売する2シーターのオープンスポーツカーです。Z3の後継機として開発されたZ4はラインナップの位置付けとしてはZ3よりも上位モデルです。販売当初は直列6気筒モデルしかありませんでしたが2005年からは直列4気筒モデルも加わりました。また電動ルーフを搭載しているのでオープンカーでありながら流れるようなフォルムが美しいのが特徴です。スポーツカーならではの高いスペックや美しいデザインを楽しみつつ、オープンカーとしての楽しみを味わえる車となっています。

BMW・M3

https://kakaku.com/item/70101210227/

M3はBMWの販売するスポーツセダンです。開発はBMWのモータースポーツ関連研究開発子会社であるBMW Mによって行われています。M3は3シリーズをベースにBMW Mがチューニングした高性能スポーツモデルとして開発されています。1985年に発表された初代M3のエンジンはM88型 3.5LDOHC直列6気筒エンジンから2気筒を切り取ってつくられた2.3L直列4気筒エンジンでした。そこにZF製ノーマルパターンもしくはゲトラグ製レーシングパターンの5速MTが組み合わせられていました。初代M3はツーリングカー選手権で数多くのタイトルを獲得しその性能の高さは伝統として続いています。

BMWの魅力は一体どんなところ?

BMWは世界を代表する自動車メーカーですがなぜここまで世界的に人気のある自動車メーカーに成長してきたのでしょうか。その人気の裏には何か魅力があるからこそ支持されているのかもしれません。

直列6気筒エンジンにこだわるBMW

BMWは創業当時からエンジンを製造しておりエンジン作りにおいては特にこだわりが強く、BMWのスローガンである駆け抜ける歓びの中心にあるのがエンジンだと感じます。BMWはエンジン作りにおいて妥協することはなく、直列6気筒のブロック材にマグネシウム合金を使っていたりと強いこだわりがあります。

BMWの考える走る歓びを伝える駆動輪

BMWのラインナップはセダンがメインですがどの車もスポーティな作りを心がけているのがBMWの魅力の一つです。BMWのこだわる駆動輪はセダンに多い後輪駆動(FR)や4WDの車が多くラインナップされており、どの車を購入してもアクティブな走りを楽しめるのがBMWならではの特徴です。

BMWならではの心踊るデザイン

楽しいカーライフを演出する上で最も大切なのはデザイン性だと思います。見た目は重要で車を手に入れる所有欲と運転するときの楽しさを演出するのに貢献してくれます。BMWのデザインはBMWというアイコンを上手く表現し、一貫したデザインでかっこよさを演出しながら高級感のあるインテリアまで手が込んでいます。BMWの高級感は乗っているだけでもワンランク上に引き立ててくれます。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら