今話題の日産カルロスゴーンの人物像と功績!年収10億円カリスマ経営者だった?

日産元会長のカルロス・ゴーン

2018年、当時日産の会長であったカルロス・ゴーンは、有価証券報告書に嘘の記載をしたとして逮捕されました。さらに、2019年末には中東のレバノンに逃亡したとして大きな注目を集めました。そんな話題となっているカルロス・ゴーン氏は、日産を蘇らせたカリスマ経営者といわれるなど、輝かしい実績の持ち主でした。しかし、ニュースなどを通して事件について理解したが、カルロス・ゴーン日産元会長について詳しく知っているという方は少ないのではないでしょうか。

そこで今回は、カルロスゴーンの人物像や功績について紹介していきます。

日産元会長カルロス・ゴーンの人物像について

生い立ち

個人の成長を表すイメージ

カルロス・ゴーンは、レバノン(西アジア・中東に位置する共和制国家)系の両親の間に誕生しました。生年月日は1954年3月9日。幼少期はブラジルとレバノンで過ごし、フランスの高校を卒業しました。移住を繰り返す生活を送っていたこともあり、レバノン・ブラジル・フランスと3つの国籍を持っています。また、英語・フランス語・ポルトガル語・アラビア語・スペイン語の五か国語を操るマルチリンガルです。

なぜ「レバノン」へ逃亡したのかと疑問に思った方もいたかもしれませんが、カルロス・ゴーンにとって、レバノンは生まれ育った故郷のような場所なんですね。

冷酷で合理的な性格?

カルロス・ゴーンには離婚歴があります。真相は分かりませんが、元妻のリタゴーン氏は「首を絞める」などの暴力があったと激白しました。また、経営手法としては、大胆なリストラを実行し批判を集めました。合理的であり、経営者として結果を残しましたが、不人情な部分を持つのかもしれません。幼少期にインフラ整備が充実していたとはいえない地域で育ったこともあり、厳しい性格の持ち主なのかもしれません。その一方で、日本語でスピーチするなど経営者としてのコミュニケーション力や統率力に優れた一面も持っているのかもしれません。

カルロス・ゴーンの功績

タイヤメーカーのミシュランで活躍

大手タイヤメーカーのミシュランのバナー

フランスの大手タイヤメーカーであるミシュランに就職しました。その後、以下のように昇進していきます。

  • 1981年 工場長就任
  • 1985年 ミシュラン南米事業の最高執行責任者(COO)に任命
  • 1990年 ミシュラン北米事業の最高責任者(CEO)に任命

ルノーでコストカットにより成果を上げる

1996年、カルロス・ゴーンはミシュランでの活躍が評価され、ルノーの最高執行責任者として引き抜かれました。ゴーンは「コストキラー」として注目を集めました。経営において、無駄なコストをカットできれば、利益を高めることができます。そのため、赤字からの回復を図るため、ゴーンは問答無用なリストラを行いました。結果として、ルノーを赤字から回復させることに成功しました。

2兆円の赤字があった日産をV字回復

日産のロゴマーク

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら
日産元会長のカルロス・ゴーン