居住空間と安全性を重視したホンダ フリードは中古でも人気

2016年から発売された二代目も中古市場で見かけることが増えました。価格帯も170万円~240万円台になっており、状態が良く走行距離も少ないことなどから価格帯も初代の平均相場を大きく上回っていて、希少性が薄れるまで高値で安定すると思われます。 また中古市場においても燃費効率の良いハイブリッドモデルも人気があり、購入するさいには新車よりも安く手に入れられますし、買取査定でもお得な傾向です。

フリード G・ホンダ センシングFFモデルがおすすめ!

ホンダ フリードには、ハイブリッドモデルがありますが、シーンに応じた走破性、操作性、加速時のスムーズさなどを考慮するとガソリン車のフリード G・ホンダ センシングモデルがおすすめです。 このモデルには、6人乗りのFF、7人乗りのFF、6人乗り4WDの各モデルがありますが、いずれもエコカー減税対象者となっており、自動車取得税や重量税において有利になります。

フリード G・ホンダ センシングFFモデルの燃費

気になる燃費ですが、1Lあたり19.0kmになっており、ハイブリッドでなくても高い燃費性能を備えています。またフリードG・ホンダ センシングFFの燃料タンクは36Lになっており、単純計算すると最長航続距離が684kmです。これは東京から大阪まで楽に移動できる距離なので、遠方までのロングドライブやアウトドアにおいても利便性が高いです。

フリード G・ホンダ センシングFFモデルの維持費

年単位でかかる費用

・自動車税:3万4500円

・車検代:3万円~9万1880円 車検チェーンであれば安く車検できますが、ディラー車検だと価格も高くなる傾向があります。 毎月かかる費用 ・ガソリン代、軽油代は毎月4950円(年間5万9400円)、レギュラー代は毎月5400円(年間6万4800円)、ハイオク代金5850円(7万200円)

・駐車場代:1万円 ・任意保険代は、年間5万1120円~5万5860円

フリード G・ホンダ センシングFFモデルに付いていて欲しいオプション

オススメオプション①

オススメオプションの一つが、プラズマクラスター搭載LEDループ照明です。天井部分に据え付けるためじゃまになりませんし、花粉や室内の臭いを吸収してくれます。さらに照明付きなので車内で物を探すときにも便利、価格帯も1万9116円(税込み)と手頃です。 離れた場所からエンジンを始動させ、エアコンやヒーターで車内を暖めることのできるリモコンエンジンスターターもおすすめします。価格帯も3万240円と手頃ですし、寒い冬でも乗車党同時に快適なドライブを楽しめます。

オススメオプション②

プレミアムインターナビもおすすめです。9.0インチW-VGAの大型液晶ナビゲーションによる駐車場探しや最短ルート、渋滞情報などのチェックできるので、ロングドライブに欠かせません。またワンセグ、ミュージックなどのエンターテイメントも楽しめます。オプション装備価格が21万6000円ですが純正モデルなので統一感ある社内に仕上がります。この他にも11インチリアモニター、ハイグレードスピーカーシステム、ドライブレコーダーなど魅力的なオプションがあります。

まとめ

ホンダ フリードは、デザインよりも機能性や快適性を重視するオーナーに選ばれていることから、2代目モデルはより広い居住空間と快適性能を加えたミニバンに仕上げています。上位グレードには安全・運転支援機能であるホンダセンシング機能を備えているので、家族の安全を守りたい方や楽しいロングドライブしたい方におすすめです。 中古車市場においても高く評価されているので、買取査定でも有利になる傾向の高いミニバンです。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら