独断と偏見によるF1ベストサーキット3選

世界各地をサーキットするF1グランプリには、数多くの名サーキットがあります。自然をうまく生かしたサーキット、デザイナーの才能が発揮されているサーキットなどがあります。その中でも今回は独断と偏見で、3つのサーキットを紹介します!

モンテカルロ市街地(モナコ)

F1サーキットを語る上で、ここを外すわけにはいかないでしょう。

地中海の宝石ともいわれるモナコ共和国、その中心街を大胆にも市街地コースにして開催されます。
コース幅が狭く、ドライバーにはガードレールぎりぎりまで攻める覚悟が必要です。観客は風光明媚なサーキットにも目を奪われますが、ドライバーはそれどころではありません。

このサーキットももう1つの特徴、それは抜けないこと。1992年に、圧倒的な強さを見せていたナイジェル・マンセルが、このサーキットでは途中から先行を許したアイルトン・セナを最後まで抜けませんでした。この勝負は、長いF1史の中でも名勝負ですね!

スパ・フランコルシャン(ベルギー)

全ての面において名サーキットと呼ばれているのが、スパ・フランコルシャンです。

また、山の天気が変わりやすいことから、「スパウェザー」と呼ばれており、チームの戦略性も求められます。直線も比較的長く、オーバーテイクシーンも多くみられます。ベルギーの丘陵地帯を上手に生かしたレイアウトのサーキットは、上りはエンジンパワーがものをいい、下りは度胸がものをいうサーキットです。

F1史にその名を残す最強ドライバー、ミハエル・シューマッハが予選7位の衝撃的デビューを飾ったのも、このサーキットでした。

鈴鹿(日本)

日本人ゆえ多少ひいき目に見ているところはありますが、それでも鈴鹿は名サーキットです。
F1のサーキットで初めての立体交差は衝撃的でした。

また、「130R」と呼ばれる高速カーブをどう走るかが、タイムに大きく影響してくるサーキットで、鈴鹿をホームサーキットとしている日本人にはアドバンテージがありました。

また、近くに遊園地もあることから、家族連れで楽しめるサーキットとしても有名です。

これ以外にも、名うての超高速サーキットだったホッケンハイム、熱帯のスコールが大波乱を巻き起こすセパン、幻想的な夜の市街地コースのシンガポールなど、名コースは数多くあります。

皆さんも観戦しながらお気に入りのサーキットを探されると良いのではないでしょうか!

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス事前登録受付中!



通うことで愛車を常に綺麗に保つ

愛車への悩みを解決する手洗い洗車のサブスクが始まります!



事前登録、詳しい内容はこちら↓

洗車サブスクリプション