独断と偏見によるF1ベストサーキット3選

世界各地をサーキットするF1グランプリには、数多くの名サーキットがあります。自然をうまく生かしたサーキット、デザイナーの才能が発揮されているサーキットなどがあります。その中でも今回は独断と偏見で、3つのサーキットを紹介します!

モンテカルロ市街地(モナコ)

F1サーキットを語る上で、ここを外すわけにはいかないでしょう。

地中海の宝石ともいわれるモナコ共和国、その中心街を大胆にも市街地コースにして開催されます。
コース幅が狭く、ドライバーにはガードレールぎりぎりまで攻める覚悟が必要です。観客は風光明媚なサーキットにも目を奪われますが、ドライバーはそれどころではありません。

このサーキットももう1つの特徴、それは抜けないこと。1992年に、圧倒的な強さを見せていたナイジェル・マンセルが、このサーキットでは途中から先行を許したアイルトン・セナを最後まで抜けませんでした。この勝負は、長いF1史の中でも名勝負ですね!

スパ・フランコルシャン(ベルギー)

全ての面において名サーキットと呼ばれているのが、スパ・フランコルシャンです。

また、山の天気が変わりやすいことから、「スパウェザー」と呼ばれており、チームの戦略性も求められます。直線も比較的長く、オーバーテイクシーンも多くみられます。ベルギーの丘陵地帯を上手に生かしたレイアウトのサーキットは、上りはエンジンパワーがものをいい、下りは度胸がものをいうサーキットです。

F1史にその名を残す最強ドライバー、ミハエル・シューマッハが予選7位の衝撃的デビューを飾ったのも、このサーキットでした。

鈴鹿(日本)

日本人ゆえ多少ひいき目に見ているところはありますが、それでも鈴鹿は名サーキットです。
F1のサーキットで初めての立体交差は衝撃的でした。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら