【若者の車離れシリーズ】ミニサーキットのボスに聞く、イベントでのギャラリーアピール!

有料イベントの入場券には「同乗券」をつける

そういえば、サザンサーキットではドリフトを中心にさまざまなイベントを開催していますよね。

D1のヒエラルキーの一番下位イベントであるD1地方戦の東日本地区戦ではサザンサーキットも毎年1戦は開催してますし、その他にも「N2H FREE INSPIRATION TOUR」ですとか「ZERO STREET JUNKY TOUR」、あとはサザンサーキット独自イベントとしてドリフト初心者向けの講習会なんかも盛んに行われています。

その中で、若者を中心に、これからモータースポーツやクルマ好きの人を増やすような事って、どんなことをしているのでしょうか?

「ウチ(サザンサーキット)だと、フリー走行の時なんかは入場無料なんですけど、イベントは基本入場料取ってるんですよ。」

そうですね。

私も観戦に来ますけど、入場料取ってるのに、無料の時よりよほどギャラリーいっぱいいて、駐車場に止めるのも一苦労の時があります。

「そうなんです。派手な車もいるしワークスマシンっぽい見かけのもいるから、大きなレースでパドックとか入れるような感覚で、みんな見に来てくれて。」

「それで、最近はせっかくだからって事で、そういう有料イベントの入場券には同乗券をつけたりしてます。」

「同乗したい人」とドライバーをつなぐのも役目

同乗って、ドリフトする車の横に乗れるとか、そういう奴ですか?

「そうそうそれです。で、同乗したいなーって車があっても、走る準備とか忙しそうにしてる知らない人に、いきなり声とかかけにくいじゃないですか。」

確かにそうかもしれないですね。

人によっては集中しててピリピリしてる時もありますし、それで「はぁ?」とか言われたらテンションが下がります。

「なので、同乗したい車があったら、ドライバーじゃなくて本部に声をかけてもらうようにしてるんです。」

それで結構来ます?

「同乗したい車があったら、本部に言ってください!同乗できますよ!ってアナウンスすると、結構来ますね。」

度胸試しみたいなもんなのか、憧れなのか…私は自分自身がドライバーなもんで、人の車乗るのはかえって怖かったりするんですよね。

でも、そこでどんな人が多いんでしょう?

「女性や子供の同乗、多いですよ。女の子なら、あの車乗りたいんですけどいいですか!とか、子供なら親が連れてきて、ウチの子がアレ乗りたいって言ってるんですけど、大丈夫ですかね?って。原則的には全部OKですから、どんどん乗ってもらってます。」

何だかんだでカギを握るのは女性

ドライバーとしても、女の子に乗ってもらえたら張り切っちゃいますし、子供がキャッキャ言ったり泣き出したりするのも、それはそれで面白いですよね。

「ええ、そしてやっぱり、何だかんだで女の子いると全然違うんですよ。」


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら