スマホの音楽を車でも聴きたい…オススメのBluetoothスピーカー

このスピーカーはマサチューセッツ工科大学の研究品を製品化するメーカーから生まれた製品です。BOSEのスピーカーの品質はとてもよく購入した方の評価とても高いです。このスピーカー自体手で握れるほどのサイズですがその大きさを感じさせないくらいの力強い低音が特徴です。しかし、音の味付けが人工的で好みが分かれるようです。このスピーカーはワンランク上の音質を体験したい人にオススメです。

JBL CHARGE3

JBLは映画館やライブハウスで使用されている信頼の厚いメーカーです。このメーカーの特徴は音の味付けがほとんどないことです。通常スピーカーの発する音にはメーカーの個性が顕著に現れます。しかしJBLのスピーカーはフラットな音が楽しめるので何も加工されていないプレーンな音楽が楽しめます。しかし今回紹介したJBLのスピーカーはサイズが大きく円筒状なので車で使用する際は台座などが必要な場合があります。このスピーカーはインスト音楽やJAZZなど楽器メインの曲がバランスよく鳴ってくれます。

JBL FLIP4

先ほど紹介したJBLのスピーカーの廉価版のようなモデルです。サイズは一回り小さくなありペットボトルほどの大きさです。サイズが小さいおかげで取り回しが良くペットボトルホルダーにも置けます。小さいながらもJBLらしさは損なわれていません。しっかりと音が鳴りJBLらしさを体験できる音質です。

SONY SRS-XB32

今回紹介するSONYのBluetoothスピーカーは低音と音の広がりを重視しています。通常のスピーカーだと低音の再現は難しく、綺麗に低音を出せているスピーカーは少ないです。ですがこのスピーカーは低音にフォーカスしており通常時でも低音が強調されています。通常の約2倍の電力を消費して低音を増強するEXTRABASSモードを使用することで音の迫力が増します。しかしSONY独特の低音と高音が強調されたドンシャリ気味な味付けは聴き疲れを起こす可能性があります。このスピーカーはEDMやダブステップなど低音を強調した音楽に向いています。

 

各社個性が強くどれも魅力的なので選ぶのにひと苦労です。小さい本体や価格を考慮してしのぎを削りながら作り出されたスピーカーはどれも個性的です。そんなスピーカーの中から好みのスピーカーを見つけ出した時、素晴らしい音楽体験が待っていることでしょう。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら