【エアバッグ比較】自動車メーカーごとに安全性に違いはある?日本のエアバッグメーカー

住商エアバッグシステムズは長崎のエアバッグメーカー。ちょうどタカタが最初の不祥事を起こしたくらいの年に設立しました。サイドエアカーテンバッグを専門に製造する会社で、安全へのこだわりが強く感じられる会社です。サイドエアカーテンバッグはプラスアルファのエアバッグ。つまり、より安全性能を高めるために追加するエアバッグです。名前の通り、カーテンのように展開して窓ガラスの破片などから搭乗者を守ります。エアバッグは前へ飛び出すのを抑えるのが一般的ですが、横から突っ込まれることもありますからね、サイドエアバッグ同様にサイドカーテンエアバッグも非常に重要です。

日本プラスト

日本プラストは日産の受注を受けてステアリングホイール(ハンドル)を製造していた会社です。現在は各自動車メーカーのステアリングホイールとそこに含まれるエアバッグを中心にサイドエアバッグ・助手席エアバッグ、サイドカーテンエアバッグを製造しています。樹脂の技術に優れているため、インテリア部品とエアバッグモジュールを掛け合わせた製造を行うことができます。

オートリブ(海外メーカー世界シェア1位)

こちらは日本の企業ではありませんが、世界シェア1位として紹介します。非常に大きくグローバルなメーカーで、世界各国の自動車メーカーにエアバッグを納品しています。

衝突安全性能をチェックしよう

自動車メーカーごとのエアバッグの違い、エアバッグメーカーについてご紹介しましたが、実際にどの車種にどこのメーカーのエアバッグがいくつ搭載されているのかというのはわかりづらいですよね。しかし、衝突した時の安全性「衝突安全性能」にもこだわりたい人は多いはず。そんな人のために、国土交通省の管轄で行われる自動車アセスメントテストというものが存在します。車種ごとの衝突実験を行い、データを計測することで点数をつけている機関です。こちらの点数にはエアバッグの性能が大きく影響しているため、非常に参考になるかと思います。車を購入の際には、ぜひこの点数を確認してみるといいでしょう。また、自動車アセスメントテストを元に安全な車のランキングを作成した記事もあるので、ぜひご覧ください。

安全な車ランキングTOP10!安全の基準とは?

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら