国産大衆車史その9・「スーパースポーツセダンとロータリー」

「スーパーソニックライン」510ブルの誕生

1967年8月に登場したダットサン510こと日産 ブルーバードの3代目は、その後の大衆車史に大きな影響を与える存在として注目されるべきでしょう。

初代から始まるトヨタ コロナとの販売競争「BC競争」で当初リードしていたブルーバードが、2代目41で採用された尻下がりのピニンファリーナ・デザインが世間に大不評で失敗作となり、その一方で2代目以降巻き返したコロナに逆転を許します。

それ以降、つばぜり合いを繰り返しながらも次第にコロナとブルーバードの差は離れていき、最終的にコロナの圧勝で終わるわけですが、その途中でブルーバードはスポーツ路線へと大きく舵を切ります。

その大きな転換点となったのが、3代目の510型でした。

2代目でも1,600ccの「SSS」(スーパースポーツセダン)は存在し、サファリラリーなど国際的ラリーに出場してクラス優勝を遂げるところまでは進んでいたのですが、その路線をさらに一歩進めた形です。

そもそもノーマルのブルーバードそのものは、前作410とは打って変わって直線的な「スーパーソニックライン」と呼ばれるシャープなデザインに更新、コロナと比べるとスポーティになったのですが、これはある意味で、コロナのように中性的で誰でも乗れるクルマではなく、ある程度スポーティさを求めるユーザーをターゲットへと、転換しています。

1,600ccのSSSも最初から設定され、その後多少の紆余屈折は経つつも、「ラリーのブル」として、代を重ねるたびに、どれだけスポーティかをチェックされることになるのでした。

サファリラリー、栄光の5,000km

Datsun 510 1600 in 1971 POR by Hugo-90

その510型のSSSですが、新開発のSOHCエンジン、L型の4気筒版L16を搭載し、日産初の四輪独立懸架を採用。

それまでの日本車では道路事情の悪さもあって、舗装路で格段に乗り心地やスポーティな走りに繋がる四輪独立懸架よりとにかく頑丈で壊れないリジッドサスが好まれていました。

しかし、東京オリンピックや名神高速道路の開通をきっかけとした道路事情の好転や、ようやくサスペンション設計に慣れてきたこと、トラックベースのシャシーに架装されたボディからモノコックボディへの転換によって、実用的な四輪独立懸架の採用に目処がついたのです。

その走行性能を試すうってつけの場面として、ダットサン210の頃から国際ラリーを活用していた日産は、海外の有名なラリーへと次々に参戦。

そして510ブルーバードの名声を不動のものとしたのが、1970年のサファリラリーでした。

このラリーでブルーバードは総合優勝、チーム優勝の2冠を達成し、石原プロによる「映画栄光の5,000km」で紹介(撮影は1969年のサファリラリー)されたこともあって、「ラリーのブル」は一躍有名になったのです。

それ以前も海外のラリーや国内レースでの活躍が大衆車の宣伝に使われることは多かったのですが、過酷な長距離メジャーラリーでの総合優勝は大快挙で、以降、大衆車の宣伝に「頑丈で速いことを証明するのにうってつけ」ということで、ラリーが活用されていきます。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら