BMW・135iや335iで採用!圧倒的なパワーを誇るBMWの直6ターボ、N55B30 / B58B30の魅力

現在のBMWに残された、数少ない直6エンジンN55B30A

ひところのBMWでは「スモールシックス」と言われた2~2.5リッター、「ビッグシックス」と言われた2.5~3.5リッター2系列の直列6気筒エンジンと、その末裔がありました。 SOHCから始まったビッグシックスはDOHC化され、スモールシックスは直列4気筒ターボエンジンに置き換えられて無くなってしまいましたが、それでも2017年現在、3リッター直6DOHCターボエンジンがまだ残されています。 BMWのエンジンは今やほとんど直列4気筒かV8エンジン、最廉価モデルに至っては1.5リッター直列3気筒DOHCターボエンジンですから、もはや、いつ「直3エンジンを2つくっつけてV6エンジンを作ろう」と考えてもおかしくありません。 というより、MINIやミニバンの2シリーズツアラー系、SUVのX1のような横置きエンジンFF車のBMWが登場している以上、時間の問題と言っていいでしょう。 (直6エンジンを横置きするボルボのようなメーカーもありますが) それでも直列6気筒エンジンは今やBMWのアイデンティティのようなところがありますし、7シリーズのM760Liのように、まだV12エンジン搭載車がある限り、BMW直6エンジンは続くと思います。

ツインターボN54B30Aの後継はシングルターボN55B30A

既に次世代のB58B30へ更新が進んでいるとはいえ、実際に今走っているBMW車の多くに搭載されている3リッターターボがN55B30Aです。 先代のN54B30Aは直噴ツインターボでしたが、ツインターボには重量問題でもあったのか、後継のN55B30Aでは小型ツインターボから大型シングルターボへと変更されています。 また、N54B30Aでは輸出先の国での排ガス規制やガソリンの種類に応じて、直噴エンジンかバルブトロニック(BMWの可変バルブ機構)を使い分けていましたが、N55B30Aでは直噴+バルブトロニックになりました。 バルブトロニックはトヨタも「バルブマチック」として採用している、吸気バルブに無段階リフト制御でスロットルの役目を果たさせる方式。 トヨタでは補助的にスロットルバルブも残しており、BMWも当初同様でしたが、現在は完全にスロットルバルブを廃止しています。 1シリーズ(135i)から7シリーズ(740i / 740Li)まで多くのBMW車に搭載され、特に最小最軽量でハイパワー版N55B30Aが搭載されたM135iは、BMW車でもっとも気持ちの良い車と好評を得ました。

最新のシルキーシックスはB58B30A


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら