アウディの新型a4の魅力とは

アウディ A4とは、ドイツのDセグメント車です。このクラスのライバルとして、ベンツCクラス、BMW3シリーズなどがあります。乗り心地、走行性共に従来のDセグメント以上の高級感があります。今回は新型アウディa4のスペック等をまとめました。


「アウディ a4の特徴」  

アウディ a4の特徴①

アウディの全車にいえる共通の魅力は空力性能の抵抗値を減らしつつも、そのデザイン自体が流麗的で優れている点にあります。 またLES採用による視認的な要素としても優れており、遠くからでも車両の指示器でやろうとしていることがわかり易いのでそもそもの安全性も兼ね備えている点なのです。 新型a4についてもぴったり当てはまることであり、前述したデザインフォルムがそのまま空力値改善の向上に直結しているのです。  

アウディ a4の特徴②

前身であるアウディ80モデルの後継車としてフルモデルチェンジしたのが今回の新型a4であり、前車でロングセラーモデルとなった販売実績を持つ車の在り方を目指したニューモデルということになります。 このフルモデルチェンジによって卓越したザインや随所に反映されいるアウディのテクノロジーが十二分に受けつがええており、且つセダンというカテゴリにもかかわらずにスポーティさを兼ね備えた内容で、全く新しい車へと変貌を遂げていったのです。  

アウディ a4の特徴③

いくら燃費が良くても、肝心のエンジン性能が悪かったらまったくお話になりません。 特にスポーツセダンとして名高いアウディではフルモデルチェンジというイベントで世界にアピールしているので、ますますエクステリアとインテリアの両方に対して結果を出しているのはさすがの一言といえるのです。

「アウディ a4の主なグレード」  

アウディ a4のグレード①

a4にはスタンダードモデルとして、エントリーモデルが発表されております。 基本的にはより安全なクルマをめざす自動車テクノロジーを継承しており、走る・止まる・曲がるという至極当然な操作方法のどれを取っても卓越した技術でドライバーをサポートしているのです。  

アウディ a4のグレード②

新型アウディの中間グレードとなるAvanteも、ワゴンタイプとして認識された車となっています。 ワゴン車でよく見かける長く伸びたルーフラインを兼ね備え、フロントからリヤまで伸びているショルダーラインは強烈な個性を放ちます。 特筆すべき特徴はマトリクスLEDヘッドライトのシステムであり、ルームミラーにもカメラが内蔵されていてハイビームとロウビームのアシストを自動で行なってくれるのです。  

アウディ a4のグレード③

より高い効率性を重視する為に世に送り出されたグレードがAllroad quattroであり、パワフル且つ安全な4WDワゴン車として立証されているのです。 アウディの4輪駆動における代表格であるquattroシリーズですが、洗練された技術としてユーザーに広く展開している商標となっています。

「エクステリア・インテリア」  

アウディ a4のエクステリア

アウディa4のエクステリアですが、スタンダードタイプではLEDライトで武装されたフロントマスクに空力cd値を極限まで下げたスタイルはもはやおなじみです。 外見上はロー&ワイドに構えつつ落ち着いた雰囲気を醸し出す様が人気の秘密としてしながらも、重心が低く見えるので他の車と比較してもどっしりとしたイメージがあります。  

アウディ a4のインテリア

アウディa4のインテリアでは、全体的に整然とまとまった大人の雰囲気を漂わせています。 そして様々な運転支援システムが設定されており、そのどれもが安全基準を大いに引き上げる安心を提供する最新技術として展開しているのが大きな特徴となっているのです。

「燃費について」

アウディa4ではこのグレード専用に新開発された高性能エンジンによって、飛躍的に燃費性能が向上しております。 モデルによって排気量が異なりますが、TFSIモデルの場合は10モード燃費で実に17km弱もの高数値を出しております。 quattroシリーズとした場合には全モデルが4輪駆動となるので数値が控えめとなりますが、それでもリッター当たり14kmを算出しているのです。

「維持費について」

【維持費について】

■年単位でかかる費用

・自動車税:34,500円

・車検代:12万円

■毎月かかる費用

・ガソリン代  (1年1万km&カタログ燃費×ハイオク130円):81,250円

・駐車場代:自宅ガレージ保管により無料  任意保険代(年齢45歳、免許証ゴールド、30歳以上限定、家族限定、車両保険有り、継続で申込、年間走行距離11000km以下):29,000円

「新車価格・中古車価格について」  

「グレード別新車価格」

『アウディa4 Allroad quattro:6,580,000円』 『アウディa4 Avante:4,760,000円』 『アウディa4:4,470,000円』  

「値引き情報について」

他社メーカーとの相見積もりを要求することによって競合他社の条件が良い場合だと20万円ほどは検討させることができます。 但しターゲットとしている車種やグレードが売れ筋の良い商品である場合は、メーカー側としてもそこまで譲歩してくれない場合があります。 アウディa4の値引き情報については新開発エンジンを特化した専用モデルとしている関係上、実質の値引きは10万円前後となる可能性が高いです。 逆に価格を下げさせるよりも他のオプション品を付与させる方が、メーカー側としても対処しやすいことになるのです。  

「中古車相場について」

アウディa4の中古市場は非常に活発となっており、常時千台以上の情報がネット上で検索できる状態となっています。 価格帯としては最安値10万円から最高値の700万円まで推移しており、平均額としては300万円ほどとなっているのが実情といえます。

「おすすめのオプション3選」  

オススメオプション①

アウディのオプションとして第一に挙げられるのはサンルーフであり、価格は16万円ほどとなります。 走行中の開放感は有るのと無いのとでは雲泥の差であり、ドライブを楽しむ上でのマストアイテムであるといえるのです。 一昔前ではボディ剛性などに問題が生じるといった意見もありましたが、現在においてはその心配はほぼありません。  

オススメオプション②

バーチャルコックピットはドライバーの視点移動を最小限とする上での情報展開ツールとして非常に有効なオプションとなってます。 速度計やタコメーターに表示するシステムで7万円のオプション設定となってますが、金額以上に便利な機能である為にオススメとなっています。  

オススメオプション③

ヘッドアップディスプレイは先ほどのバーチャルコックピット同様、ドライバーの視点移動を最小限にする為のオプションアイテムとなっております。 こちらは14万円の価格設定ですが、共に安全面を強調する為には必要なオプションとなっております。

「まとめ」

a4には魅力的な装備やインテリア、そしてエンジン特性が見事に融合されてドライバーに安心を与えると共に所有する喜びを与えてくれる車です。 豊富なラインアップとなっておりますが、新開発された特化エンジンのマッチングなどを考慮するとこのモデルでのカーライフは非常に有意義なものになるといえます。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら