ある男が超オンボロのフェラーリを6年の歳月を掛けてピカピカに?

これこそフェラーリファン!!

海外では80年代のスーパーカーが長い間廃車同然に放置されている事があります。車好きな人がみるとつい心が痛くなってしまう事があるかと思います。
今回ある男が、なんと廃車同然になったフェラーリテスタロッサで大きな挑戦を試みました。
彼は2008年にフォーラムオートというサイトを通じて、テスタロッサを約200万円で購入しました。彼の行為をみて、ある人達はそのテスタロッサの状態を見てお金が勿体無いと思ったり、その他の人達の中ではパーツにして売るのであればそれもありだと思う人もいました。
ただ実際は違いました。彼はかなりのフェラーリファンでテスタロッサがこの状態で放置されているのがどうしても許せなくてマイレッドマッドネスとプロジェクト名をつけて修理を自分で行い始めたのでした。

彼はこのプロジェクトの過程を彼がテスタロッサを受取る所から撮影していました。
このプロジェクトは約6年の歳月が掛かかりました。このプロジェクトを完成させる為に家族や友達はもちろん彼に賛同する人達からのサポートがあったおかげでこのテスタロッサはもう一度走り出す事が出来ました。
このテスタロッサのオーナーが残した6年間の記録をぜひご覧ください。

This Guy Bought A Wrecked Ferrari Testarossa And Spent Six Years Restoring Her
This Guy Bought A Wrecked Ferrari Testarossa And Spent Six Years Restoring Herwww.carbuzz.com

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら