なぜ国際標準は左ハンドル車?かつては輸入車乗りのステータスだった時期も

左ハンドルこそステータス!そんな時代もありました

昔、日本にまだ輸入車が少なく、しかも高価で普通の人はとても買えないような時代には左ハンドル車こそが輸入車の証という時代がありました。 厳密にはイギリスなど昔から右ハンドルのままの国もあるので、左ハンドル=輸入車というわけではないのですが、昔から人気のあったドイツ車やイタリア車、派手なアメリカ車は左ハンドルでしたから、輸入車の圧倒的多数が左ハンドルだったわけです。 日本で自動車が普及してからも、左ハンドル車に乗れる人は富裕層に限られましたから、「左ハンドル=輸入車=お金持ち=カッコイイ!」という構図が固定します。 本物のお金持ちにとってはどっちでもいい話だったでしょうが、1980年代後半から1990年代はじめのバブル景気の頃には、成功のアピールとして左ハンドルの輸入車、果てはわざわざ海外から左ハンドルの日本車を逆輸入するのが流行ったものでした。 ただ、そうして輸入車があふれてみると海外メーカーも「そんなに売れるなら右ハンドル車で日本仕様を作って売ろうじゃないか」となりますし、それが登場すると当たり前ですが便利でもっと輸入車が売れるようになります。 日本との貿易赤字に悩んでいた当時のアメリカでも、「なぜ日本ではアメ車が売れない?」「そういうことは右ハンドル車を作ってから言ってくれ」ということになり、90年代には右ハンドル車を作り始めたほどです。 かくして、今や輸入車でも右ハンドルは当たり前になり、左ハンドル車の設定すら無い車さえ登場しています。

なぜハンドルは右左に分かれたのか?

現在の自動車のハンドルが右・左に分かれているといっても、左側通行で右ハンドルという国自体が少なく、イギリスおよびイギリス連邦諸国(旧イギリス連邦の一部を含む)と日本やタイ、インドネシアなど、一部の国にすぎない少数派です。 それでも市場的には大きいので左ハンドル国のメーカーが右ハンドル車も作ることは多いのですが、なぜこのように2分されてしまったのでしょうか? そもそも左側通行と右側通行、双方存在する理由というのが「昔からそうだったから」という以上に理由が無く、なぜ統一されなかったのかも定かではありません。 何となく昔と同じようにやっていたらそのまま近代化してしまい、それを無理に修正すると国中大混乱になるのでやらない、ということではあります。 一部の国では実際にやった例がありますから、今後も国際標準として右側通行で統一される可能性はゼロでは無いとはいえ、ほぼありえないでしょう。 日本でも第2次世界大戦の敗戦後に連合国占領下に置かれた時期がありましたから、その時期に左側通行を右側通行にしていればと思いますが、その連合国に左側通行のイギリスが加わっていたので変わらなかったのでしょうか? (実際、長らくアメリカの単独占領統治下にあった沖縄では、1978年7月30日まで右側通行で車も左ハンドルでした)

現在も存在する左ハンドル専用車

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら