【何かわかりますか?】AT、AGS、AMT(今さら聞けない車略語)

クルマオタクの略語知識、主なクルマ用語の略語を説明していきます。


AT

Automatic Transmission(オートマチック トランスミッション)の略で、「自動変速装置」。

一般的には「オートマ」と略する事が多いのですが、昔はクラッチペダルが無いクルマという意味で「ノンクラ」と呼んでいた人もいました。

つまり昔はクラッチペダルがあるのが当たり前、無いクルマは特別だったのです。

AT限定免許が出る前は誰もがマニュアルミッションを操作できるのですが、最近では新規に限定解除された免許を取る人が減り、オートマの方が当たり前になりました。

昔も今もマニュアルミッション車のように複数のギアを持つ多段式ATが多いのですが、昔は2速ATから高級車でも4速ATまでだったのが現在では多段化が進んで8速ATや10速ATが当たり前のように存在します。

ギアの段数が多い方が緻密な制御を行えるからですが、電子制御の発達とエンジンとミッションの統合制御でギア数が多くても常に最適な制御を行えるようになりました。

それと共に「運転補助装置」のような扱いだったATも積極的に変速を行うようになり、今やAT車の方が燃費がいいくらいです。

また、多段式ATの他にCVT(無段変速機)もATの仲間で、さらに広義ではDCT(デュアルクラッチトランスミッション)のような、マニュアルミッションの操作を機械が行うセミオートマ車もATの仲間に含まれます。

方式は異なれど、機械が人間に代わってミッションの操作を行うものは全てAT限定免許で乗れるため、ATの仲間と言っていいでしょう。

AGS

Auto Gear Shift(オートギアシフト)の略。

スズキが2014年に軽トラック「キャリイ」のマイナーチェンジで日本では初採用し、以後アルトやエブリィ、ラパンなどに採用を拡大している、シングルクラッチ式セミオートマです。

メカニズム的には通常のMT(マニュアルトランスミッション)を機械が自動操作する仕組みで、MT同様にクラッチを切ってギアを変速します。

ただ、運転席にはクラッチペダルが無く、クラッチ関係の操作は機械により自動化されているため、AT限定免許で運転する事ができます。

シフトレバーを「D」レンジに入れれば完全にコンピューター任せでシフト操作をしてくれますが、ドライバーが任意のギアを選択する事も可能です。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら