【何かわかりますか?】AT、AGS、AMT(今さら聞けない車略語)

クルマオタクの略語知識、主なクルマ用語の略語を説明していきます。


AT

Automatic Transmission(オートマチック トランスミッション)の略で、「自動変速装置」。

一般的には「オートマ」と略する事が多いのですが、昔はクラッチペダルが無いクルマという意味で「ノンクラ」と呼んでいた人もいました。

つまり昔はクラッチペダルがあるのが当たり前、無いクルマは特別だったのです。

AT限定免許が出る前は誰もがマニュアルミッションを操作できるのですが、最近では新規に限定解除された免許を取る人が減り、オートマの方が当たり前になりました。

昔も今もマニュアルミッション車のように複数のギアを持つ多段式ATが多いのですが、昔は2速ATから高級車でも4速ATまでだったのが現在では多段化が進んで8速ATや10速ATが当たり前のように存在します。

ギアの段数が多い方が緻密な制御を行えるからですが、電子制御の発達とエンジンとミッションの統合制御でギア数が多くても常に最適な制御を行えるようになりました。

それと共に「運転補助装置」のような扱いだったATも積極的に変速を行うようになり、今やAT車の方が燃費がいいくらいです。

また、多段式ATの他にCVT(無段変速機)もATの仲間で、さらに広義ではDCT(デュアルクラッチトランスミッション)のような、マニュアルミッションの操作を機械が行うセミオートマ車もATの仲間に含まれます。

方式は異なれど、機械が人間に代わってミッションの操作を行うものは全てAT限定免許で乗れるため、ATの仲間と言っていいでしょう。

AGS

Auto Gear Shift(オートギアシフト)の略。

スズキが2014年に軽トラック「キャリイ」のマイナーチェンジで日本では初採用し、以後アルトやエブリィ、ラパンなどに採用を拡大している、シングルクラッチ式セミオートマです。

メカニズム的には通常のMT(マニュアルトランスミッション)を機械が自動操作する仕組みで、MT同様にクラッチを切ってギアを変速します。

ただ、運転席にはクラッチペダルが無く、クラッチ関係の操作は機械により自動化されているため、AT限定免許で運転する事ができます。

シフトレバーを「D」レンジに入れれば完全にコンピューター任せでシフト操作をしてくれますが、ドライバーが任意のギアを選択する事も可能です。

ただし、エンジンやクラッチに過度の負担がかかるギアの選択はキャンセルされるほか、任意のギアを選んでいても同様に勝手にコンピューターがシフトチェンジする事もあります。

また、速度計測用センサーが単純にタイヤの回転から速度を測るような車種では、タイヤが空転するとスピードが上がったと認識し、勝手にシフトアップしてしまうのであまりスポーツ走行向きとは言えません。

どちらかと言うと「マニュアルミッションの持っている直結性を活かして燃費を向上する」あるいは「軽自動車では困難なオートマの多段化を実現する」という目的で採用されており、燃費向上アイテムの一つと言えます。

あくまで自動化されただけのマニュアルミッションなので、停車中にクラッチを切ったりNレンジに入っていれば、マニュアルミッション同様に駆動が切れ、坂道発進時には下り方向に下がるので注意が必要です。

AMT

Automatic Manual Transmission(オートマチックマニュアルトランスミッション)の略。

前述のAGSもその一つですが、マニュアルミッションの操作を機械が行い自動化されたミッションの事です。

単純に既存のマニュアルミッションを自動化した「シングルクラッチ式AMT」と、2つのクラッチを交互に繋いだり切ったりする事で、シフトチェンジの際にクラッチを切って駆動が途切れる「空走状態」というロスを解消した「デュアルクラッチ式AMT」の2種類があります。

前者がスズキの「AGS」やアルファロメオの「セレスピード」、いすゞの「NAVI-5」など。
後者はフォルクスワーゲンやアウディの「DSG」やBMWの「DCT」です。

通常のAT(オートマ)よりもダイレクト感があって、安価なクルマでも多段化が容易な事から軽自動車など低コスト車用のセミオートマとして使われたり、高級スポーツカー用のセミオートマとして使われます。

ただ、高級車やスポーツカー用途としては昔ながらの多段式ATでも8速、10速といった多段化と、トルコン(トルクコンバーター)を介さず直結する事でダイレクト感のある走りができるATが増えているため、セミオートマを使わないメーカーも増えています。


いかがでしたか?

今回は偶然にもミッションばかり、それもオートマばかりの紹介になりましたが、最近はオートマの種類が増えて、「結局これはオートマなの?違うの?」とカタログだけ見るとわかりにくいものです。

普通のオートマでもAGSなどAMTと同じくドライバーが任意にギア選択ができるものもあるため、ドライバーが運転している分には、あまり違いがわからなくなっています。

次回もまた「普段何となく目にするけど、意外と内容まで理解していない略称」を解説していきますので、お楽しみに。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら