BMW、名車8シリーズの復活を真剣に検討中!!

ベントレーも視野に入れて。

BMWが、かつての名車「8シリーズ」(スポーツクーペ)を、同社の新しいフラッグシップとして復活させようとしているようです。

メルセデスベンツ「Sクラス」にはクーペモデルがあるため、これに対抗するモデルとして計画中のようです。

2020年に登場予定の新生8シリーズは、Sクラスクーペのほか、ベントレー「コンチネンタルGT」との競合も視野に開発されることになります。

8シリーズは、現行(6世代目)の「7シリーズ」(セダン)と同様のドライヴトレーンやボディー構造、先進技術を与えられるだろうと噂されています。

『オートカー』誌の情報によれば、BMWの研究開発部門は8シリーズに関して、異なる2種類の仕様(レイアウト)を同社トップのヘラルド・クリューガーに打診したということです。

1つ目は、4ドアのセダンクーペ案で、「『6シリーズ・グランクーペ』に似ており、それがより大きく豪華になったクルマ」というアイディアです。

2つ目は2ドアクーペ案で、こちらにはカブリオレも設定されるということです。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら