車のアンテナの故障 種類の説明から実際の修理事例まで|ベテラン整備士が教えます!

車のオーディオでラジオの電波をうまく受信できず、聞こえずらい、ノイズが入るなどの症状が起きるとイライラしますよね。と言っても最近の車で主流になっているコンパクトポールアンテナは感度が高く、ノイズが入ると言う事は少ないかも知れません。

しかし、まだまだよく見かける手動式伸縮アンテナ(ピラーアンテナ)は軽自動車や商業車などに多く搭載されていますが、折れてしまったり歪んでしまうと、感度が悪くなり受信しなくなることがあります。手動式なのでアンテナを伸ばした時に折ってしまう様な事もあるようです。今回はアンテナの種類のご紹介から、実際に入庫してきた交換作業の内容までお話していきたいと思います。

アンテナの種類について

アンテナには種類があり、手動式伸縮アンテナや自動式伸縮アンテナなど。自動式伸縮アンテナは最近ではあまり見かけません。自動格納時の故障が多発して次第に搭載されなくなっていきました。伸縮するもの以外にもいろいろな種類がありますので、その他のアンテナも紹介していきます。

コンパクトポールアンテナ

最近の軽自動車やコンパクトカーではこちらが主流となっています。
手動式伸縮アンテナに比べると長さが短いので受信感度の低さがデメリットでしたが最近の技術で手動式伸縮アンテナと同等の受信ができるようになり、かつデザイン性もあると言う事で多く使われるようになってきました。短く安定しているので故障すると言う事も少ない様です。

フィルムアンテナ

社外にアンテナが無い車種はほとんどがフィルムアンテナです。フロントもしくはリアガラスに貼るタイプのアンテナです。上級車種などはこちらのタイプを搭載しています。

ドルフィンアンテナ

イルカのしっぽの様な形をしたアンテナです。BMWやレクサスなどは搭載されているようです。
何種類かあるアンテナの中でやはり一番感度が高いのが手動式伸縮アンテナとされていました。
アンテナの長さが感度の良さと比例するためですが、デザイン的に古めかしいなど言われてしまい、コンパクトポールアンテナが主流になってきたと言う事です。

実際のアンテナ交換作業

今回は軽自動車のアンテナが折れてしまったということで、新品部品との交換作業になりました。中古車屋さんからの依頼の中ではとても多い作業です。

アンテナは長い配線が付いていてジョイントに太いストローの様な物が付いています。この部分がピラー内に入っています。ピーラー通過後のサービスホールから配線が車内を通る様になっています。

CTA画像
お店より高く売れる個人売買のAncar

出品無料でカンタン査定!まずは試しに出品してみよう

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら