クルマを載せて旅に出よう!カーフェリーの旅「東京~徳島~北九州 オーシャン東九フェリー」

カーフェリーの旅にもいろいろありますが、今回はオーシャン東九フェリーの思い出をご紹介。


東京・有明埠頭のフェリー乗り場は寂しいどころではなく?

筆者は讃岐うどんが大好物なもので、よく四国に旅行に出かけます。

自走で延々と旅をしてもいいのですが、そこをフェリーで寝ながら旅をするというのも良い趣味だと思っていましたから、ある時東京~徳島経由で北九州まで航海する「オーシャン東九フェリー」を使ってみる事に。

割と長距離航路なので、いつものお気に入り「太平洋フェリー」の感覚だろうと勝手に思い込んで有明埠頭のフェリー乗り場に向かったのですが、これが実に、別な意味で味わい深い旅になろうとは思いませんでした。

まず、フェリーとは全然関係無いのですが、有明埠頭に通じる道の途中で何かトラブルでもあったのか、止まった2台のクルマの間で殴り合いのケンカをしている2人が。

東京では時々見かける光景ですが、地方人としてはコワイコワイ…何か先行きが怪しいなと思いながらフェリー乗り場につくと、閑散としているどころではなく誰もいない!

一瞬場所を間違えたかなと思いましたが窓口が開いていたので、単純に乗客が極めて少ないようです。
結局自分以外の乗客を見かけたのは10人足らず。
今回はどうも寂しい旅になりそうですが、それならそれで別な楽しみ方もあるというものです。

いざ出航するも、波高し!

トラックやコンテナを積んだトレーラーを除けば閑散とした車両甲板にクルマを止めると、早速船内に落ち着きます。

その時利用したのはカジュアルフェリー「おーしゃん・のーす」。
オーシャン東九フェリーには2016年現在「シンプルフェリー」と「カジュアルフェリー」の2種類で2~3隻ずつ就航していますが、確か旅をした当時(2008年)には「シンプルフェリー」の方にカプセルホテルタイプの個室が無く、カジュアルフェリーを選んだんですね。

乗客がほとんどいなければどっちでも良かったのかもしれませんが、あるいはこの後書く理由で、カジュアルフェリーは人気が無かったのかもしれません。

出航は夕方過ぎで、時期によってはもう真っ暗な時間帯。
夜の闇をついて出航した「おーしゃん・のーす」は、浦賀水道を抜けて太平洋に入るとその日は波が高かったのか、早速大きな揺れにドンブラコと揺られ始めます。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら