クルマを載せて旅に出よう!カーフェリーの旅「東京~徳島~北九州 オーシャン東九フェリー」

カーフェリーの旅にもいろいろありますが、今回はオーシャン東九フェリーの思い出をご紹介。


東京・有明埠頭のフェリー乗り場は寂しいどころではなく?

筆者は讃岐うどんが大好物なもので、よく四国に旅行に出かけます。

自走で延々と旅をしてもいいのですが、そこをフェリーで寝ながら旅をするというのも良い趣味だと思っていましたから、ある時東京~徳島経由で北九州まで航海する「オーシャン東九フェリー」を使ってみる事に。

割と長距離航路なので、いつものお気に入り「太平洋フェリー」の感覚だろうと勝手に思い込んで有明埠頭のフェリー乗り場に向かったのですが、これが実に、別な意味で味わい深い旅になろうとは思いませんでした。

まず、フェリーとは全然関係無いのですが、有明埠頭に通じる道の途中で何かトラブルでもあったのか、止まった2台のクルマの間で殴り合いのケンカをしている2人が。

東京では時々見かける光景ですが、地方人としてはコワイコワイ…何か先行きが怪しいなと思いながらフェリー乗り場につくと、閑散としているどころではなく誰もいない!

一瞬場所を間違えたかなと思いましたが窓口が開いていたので、単純に乗客が極めて少ないようです。
結局自分以外の乗客を見かけたのは10人足らず。
今回はどうも寂しい旅になりそうですが、それならそれで別な楽しみ方もあるというものです。

いざ出航するも、波高し!

トラックやコンテナを積んだトレーラーを除けば閑散とした車両甲板にクルマを止めると、早速船内に落ち着きます。

その時利用したのはカジュアルフェリー「おーしゃん・のーす」。
オーシャン東九フェリーには2016年現在「シンプルフェリー」と「カジュアルフェリー」の2種類で2~3隻ずつ就航していますが、確か旅をした当時(2008年)には「シンプルフェリー」の方にカプセルホテルタイプの個室が無く、カジュアルフェリーを選んだんですね。

乗客がほとんどいなければどっちでも良かったのかもしれませんが、あるいはこの後書く理由で、カジュアルフェリーは人気が無かったのかもしれません。

出航は夕方過ぎで、時期によってはもう真っ暗な時間帯。
夜の闇をついて出航した「おーしゃん・のーす」は、浦賀水道を抜けて太平洋に入るとその日は波が高かったのか、早速大きな揺れにドンブラコと揺られ始めます。

というより、船酔いに強い筆者でも、ちょっとこれはどうかなーというレベル。

スパルタンな食事は「よく言えばセルフサービス」

どうせ酔うなら、酒に酔って寝てしまえばOK!とばかりにロビーに繰り出しますが、他の乗客は船酔いで早々に寝てしまったのか人気が無く、どことなく照明も暗いような?

確かに乗客が少ない中で煌々と照らす必要も無いでしょうが、旅気分というよりは物々しい雰囲気を感じます。

しかしとりあえず、食うものとビールさえあれば問題無し!と自販機でビールを買うものの、実はこの船、食事もオール自販機!

「24時間ご自由にお食べください」という事らしいのですが、レストランも屋台も無い船旅というのは初めてでした。

それでもホットフード各種に寿司の自販機もあったのでいくつか買い込み、うんうん自販機の割に寿司はネタもシャリも悪くない…などと思いつつ、船の揺れに身を任せます。

というより、その時点でローリング(横揺れ)・ピッチング(縦揺れ)ともに激しく、船体もテーブルも椅子も何やらギシギシと音を立てる中、ほの暗いロビーでビール片手に一人寿司をつまむ男というのは…これもワイルドで面白いかもしれないと思いました(笑)

とにかく揺れが激しいのでテーブル上のあれやこれやを抑えつつ、それでも片手のビールは離さない、船酔いにかかるくらいならば、酒に酔った方がマシなのです!

翌昼、あっけなく到着

ビールを何本も開けて、その場の勢いで寿司やホットフードを買いまくっては激しい揺れの中でむさぼり食うという一人宴会を楽しんで、あとは船酔いとも酒酔いともつかぬ気分で船室に行ってベッドでグッスリ…

翌昼には、あっけなく徳島港に着いたのでした!
船はこのまま北九州に向かいますが、筆者は四国に用があるので、ここで下船。

高速道路のSA(例えば名神高速の足柄SAなど)にある宿泊施設だとビールは売ってませんが、フェリーでは飲めるのも魅力ですね。

翌日残らない程度なら問題無いので、徳島港着岸直前までグッスリ寝て酔いを覚まして、元気いっぱい上陸したのでした。

あとは港で待っていた現地のツレと合流して、徳島ラーメンを経由して讃岐うどん製麺所巡りの旅を!
こういうスパルタンな船旅も、ひとつの経験ですね。

Ancar | Ancar(アンカー) - 中古車の個人間売買
Ancar | Ancar(アンカー) – 中古車の個人間売買www.ancar.jp

 

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。