ドライブにおすすめのユーミン曲集

ユーミンソングから学ぶイカシタ!ドライブデート

◆ 「中央フリーウェイ」 歌:荒井由美 作詞:荒井由美 作曲:荒井由美(1976年アルバム「14番目の月」)

中央フリーウェイ
右に見える競馬場・・・東京競馬場。緑豊かな風景が広がります。
左に見えるビール工場・・・ちなみにサントリー武蔵野ビール工場
この道はまるで滑走路 夜空に続く

この区間は山に向かって直線が続きます。

晴れて夕日が綺麗な日は夕日に向かって走っていく様ですよ。

◆ 「哀しみのルート16」 歌:松任谷由美 作詞:松任谷由美 作曲:松任谷由美(2006年アルバム「A GIRL IN SUMMER」)

涙に濡れたセンターライン フィルムの様に流れていくよ
長距離便のひくいクラクション
ふたり最後の航海の汽笛に聞こえてくるルート16

という歌い出しでスタートするこの歌は残念ながら悲しい「別れの歌」です。

舞台となるのはルート16(国道16号)」実際は首都圏を結ぶ産業道路としての役割を担う環状線で、激しい渋滞で有名な道路です。

事実ユーミンが歌う様に長距離便のトラックも多くかなり殺伐とした光景も見受けられます。

ところがユーミンの手に掛ると耳障りなはずのホーンの音も「汽笛」に聞こえてくるんですね。まさしくユーミンマジックです。

走行距離は短いですが横須賀周辺で潮風を感じられる海岸線を走る区間もありますからその辺りが海の情景へとつながってくるのでしょう。

チョットブルーな気分の時にこの曲をBGMにひとりルート16を流してみるのもいいでしょう。

◆ 「海を見ていた午後」歌:荒井由美 作詞:荒井由美 作曲:荒井由美1974年(アルバム「MISSLIM」)

ユーミンファンの聖地とも言えるドライブスポットが登場するあの有名な曲です。

山手のドルフィンは静かなレストラン
晴れた午後には遠く三浦岬も見える
ソーダ水の中を貨物船が通る

私が数十年前に訪れた時は歌詞の通り「山手のドルフィン」でした。

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら