【週刊 F1レーサー #3】F1界を生き抜いた、アラン・プロスト

彼の華やかでいて壮絶な人生をご紹介します。


ポールポジションは今日もセナ。けれど1時間半後フィニッシュを迎えるとトップチェッカーを受けるのはなぜか青いヘルメットのフランス人…

「プロフェッサー」アラン・プロストのかける魔法は正確だけど時に軋轢を生む諸刃の剣でした。

「教授」が生まれた日

プロストにとっての転機は1984年、二度のワールドチャンピオン経験を持つニキ・ラウダとタイトル争いを演じた時です。この年プロストは予選では16戦中15戦でラウダを上回り勝利数でもプロスト7勝に対しラウダ5勝と速さでは完全にプロストが上でした。

しかしこの年のワールドチャンピオンはわずか0.5点差でラウダのものとなりました。
この経験から「速さを前面に押し切る」スタイルから「戦略を立ててマシンを労りながらレースを組み立てる」事の重要性をプロストはラウダから学びました。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら