UberEats発祥のUberとは?日本のUberの行く末は

最近、流行りに乗っている料理宅配サービスUberEats。一度は利用されたことがある人も多いと思います。このとても便利なUberEatsは世界の様々な場所で利用されている有名な配車サービスUberを基に誕生したのです。今回はUberEatsの基になったUberについて書いていきます。

UberEats発祥のUber

Uberとは

今多くの人が利用するようになった料理宅配サービスのUberEatsは、様々な飲食店の料理を自宅に配達してくれるので、そのお店の料理をおうちにいながら楽しめるサービスです。UberEatsで注文したことがある人や配達をしたことがある人は多いと思います。日本ではUberEatsが有名になってきていますが、このUberEatsは海外で主流となってきているUberという配車サービスを行っている会社から生まれたものです。このUberはアメリカで2009年3月に誕生しました。アプリ上で予約から支払いまで済ませることができます。そしてドライバー登録がされている車が、タクシーのように目的地まで運んでくれます。またドライバー登録をすることで、タクシーのようにユーザーを目的地まで運ぶことが仕事にもできます。UberEatsのように個人が個人に対してサービスを行えるというのが特徴で、双方にメリットがあるため現在では世界の様々な国と地域でUberが利用されています。

Uberのその他サービス

UberのサービスはUberEats以外にも貨物輸送や電動自転車・キックスケーターのレンタルサービスなどを行っています。そして、新たな試みとして地上の交通混雑を逃れるために、大規模な空中シェアリングとして共有航空輸送の開発を行っています。空を地上と同じように移動できる場所として扱おうとしているのです。遠くの場所へ飛行機などで移動する以外にも、普段の移動も地上のみで行うものではないという新しい発想で、空を使っての移動が当たり前になるような未来も近いのかもしれませんね。

海外では主流Uber

海外でタクシーに乗る時、知らない土地で知らない言語に溢れていてとても不安ですよね。そんな不安をUberなら解消してくれます。

海外タクシーの不安要素

見分けられない

日本は街の道路を見渡せばタクシーが走行している光景が見られます。しかし、海外ではそれは当たり前ではないのです。海外に行くとタクシーは空港やホテルなどでは見かけますが、街でタクシーを拾おうとするとかなり難しく、日本のようにタクシーと一般の車との違いがはっきりとしていないため、タクシー会社のタクシーなのか素人が運転している車なのか見分けるのも大変です。

独自の文化

海外でタクシーを拾う時に一番困ることは、その国独自の習慣が存在するからです。例えば、日本では手を挙げてタクシーを停めますが手を挙げる行為があまりいいジェスチャーとしていない国もあります。また、日本ではチップの習慣はほとんどありません。しかし、海外ではチップの習慣のある国が多く存在します。チップを支払わないことが失礼にあたる場合があり、チップを支払うという習慣がほとんどない日本人はそれを知らないがために失礼な行動をしてしまう場合もあります。

トラブル

海外でタクシーを利用する際に多いトラブルとして、メーターを使われずに走行され降りる際に通常の金額よりも多い金額を請求されたり、メーターを使っていても目的地まで遠回りをされたり急激にメーターが上昇したり、目的地ではない場所に連れていかれてしまったり様々なトラブルにあう可能性があります。

Uberの安心点

ドライバー情報がわかる

Uberでは、ドライバー情報を確認することができます。タクシードライバーの運転ならば安心できるかもしれませんが、一般人の知らないドライバーとなると不安な気持ちになりますよね。しかし、そのドライバーがどんな人なのか、過去の利用者にどのように評価をされているかなどの気になる情報が、Uberではドライバー情報として確認することができます。また配車を手配する際に乗る車の車種を選べます。車の大きさや車種によって金額は変わりますが、一度乗ってみたいと思っていた高級車を選択するとその車に乗ることができるのも魅力の1つです。

スマホですべて完結できる

そしてUberはスマホ1つで予約から支払いまで全てを済ますことができるのです。目的地も事前に決められるので、運転手にその国の言語や英語で目的地を伝える必要もありません。また料金も乗る前から決まっているのでぼったくられたりする心配もなく、支払いもクレジットカードを登録しておくとアプリ上で行えるため、車に乗ってから降りる間でドライバーとの金銭のやりとりはありません。そして一番難しいチップの支払いなども下車後にアプリからドライバーの評価と共に決められるため心配いりません。車に乗って目的地に着き降りるまで全てスマホ1つで完結できてしまうのです。

日本であまり流行らない理由

安心かつ便利で世界の様々な場所で利用されているUberですが、日本ではあまり利用されているのを見たことがないですよね。なぜ日本では広まっていないのか見てみましょう。

法的理由

日本では法的な理由で規制されています。通常タクシー運転手などの人を乗せてお金を貰う職業の場合、第一種免許だけではなく第二種免許が必要です。また、人を乗せてお金を貰うのには国からの許可が必要です。従って国から許可を得ていないのに、車に人を乗せてお金を貰う行為は法律で禁止されています。そのため、一般の人でも簡単に登録ができるUberは第2種免許を持っていない人もいれば国からの許可を得ていないので法律的に考えると、人を車に乗せてお金を取る行為なので禁止なのです。しかし、車に乗る人の「任意の謝礼」や「金銭的な価値や流通性が低い物」を運転手へ渡す場合や、ガソリン代や駐車料金など「運送に必要な費用」を渡す場合の相乗りは違法ではないとされています。このような曖昧な解釈のために、逃げ道が沢山あるのです。

これからはUberも必要になる時代

現在都内などの都心部ではほとんど24時間いつでも簡単にタクシーを拾うことができます。しかし、それは都心部だからです。地方などに旅行に行った際に駅までホテルや旅館の方が車で迎えに来てくれる送迎サービスが存在するのはよく見かけますよね。その時に周りを見渡してみるとタクシー乗り場が駅についていることがありますが、そのタクシー乗り場に止まっているタクシーの数は都心部と比べると少ないはずです。また、日中ではなく夜の遅い時間などは駅のタクシー乗り場にタクシーが止まっているのはあまり見かけませんし、道路の方に出てみても車の通りは少なくタクシーが走行していることは稀なのです。都心部で生活をしている人の多くはタクシーが24時間いつでも簡単に拾えると思っています。そのため、タクシーを呼んだことが無く、やり方もわからないのです。日本人でもわからない人が存在するというのに海外から旅行に来られた方にしてみたら難しいなんてものではありません。日本人が海外でタクシーに乗るのに不安を覚えるように海外から来られた方も不安を覚えているはずです。インバウンドが進む現在、そんな訪日外国人観光客の人の為にも、日本でも海外で主流のUberが様々な場所で使えるようになるといいですね。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら