今流行の“ダウンサイジングターボ”とは?


今や車業界の新常識になりつつある「ダウンサイジングターボ」について、今回は簡単に説明してみたいと思います。(機構云々ではなく、ご紹介といった感じです)

技術的な説明についてはこちら

トヨタと正反対の判断をしたホンダのエンジン:日経ビジネスオンライン
トヨタと正反対の判断をしたホンダのエンジン:日経ビジネスオンラインbusiness.nikkeibp.co.jp

ダウンサイジングターボの狙いは「低燃費」

排ガス規制が厳格化し、燃費競争も厳しくなる中、着目されているのが“ダウンサイジングターボ”です。これはターボチャージャなどの過給機で動力性能を補うもので、エンジンを小型化することができます。また、直噴により圧縮比低下を抑えることで、燃費向上が実現されています。

従来のターボと何が異なるか

答えは「設計思想」です。

どういうことかといえば、従来のターボは“太いトルクや加速性能の向上”が主眼におかれ、大出力化する道具としてターボチャージャが選ばれていました。そのため、ターボといえば「燃費が悪い」というイメージを持たれることも多いでしょう。

しかし、“ダウンサイジングターボ”は燃費向上が設計思想に掲げられており、同出力のクルマで比較するとダウンサイジングターボのほうが、燃費性能が良いとされます。

自動車税が安くなるというメリット

CCライセンス: 表示CCライセンス: 継承Nissan March 1.6 Drive 2012 by RL GNZLZ

CMなどでよく耳にする「ダウンサイジングターボ」。 皆さんはご存知でしょうか?

例えば、現在AncarでもS660が出品されているホンダ。ホンダからは来年にかけて「ダウンサイジングターボ」が搭載されている新車種が登場する予定です。

同出力のガソリン車に比べて、エンジンが小型化するわけですから自動車税が安くなります。自動車税は排気量によって決まるので、たとえば2000ccクラスの出力を有するターボ車のエンジンが1400ccであれば、「1.0超〜1.5リッター以下」のクラスに分けられますので、同出力の車に比べて5000円程度安くなる計算となります。

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス事前登録受付中!



通うことで愛車を常に綺麗に保つ

愛車への悩みを解決する手洗い洗車のサブスクが始まります!



事前登録、詳しい内容はこちら↓

洗車サブスクリプション