値落ちしにくい車種と条件

自動車を購入する際には、基本的には、オーナー自身の用途に適した車種やデザイン、機能を見て気に入った車種、そして予算とにらめっこしながら選ぶのが一般的です。しかし、数年後に手放す際の価値である「リセールバリュー」を考慮して車種選定をする人は、まだまだ少ないようです。

売却時に「え?こんなに安くなってしまうの?」と焦らなくて済むよう、できるだけ売却時のことも加味したクルマ選びを実践してみませんか。ここでは、値落ちしにくい車種や条件について解説してみたいと思います。

値落ちしにくい車種とは

最も値落ちしくい車種は、軽自動車です。とくに、タント(ダイハツ)に代表されるハイト(背高)ワゴンは、市場での引き合いが強いため、売却時の査定においても高値提示が期待できます。軽自動車は、車種にもよりますが、同一年式の中古車が普通乗用車よりも高額なものも多数見受けられます。それでも引き合いが強いのは、税額や通行料の優遇により維持費が低く抑えられる点や、コンパクトなボディゆえの運転のしやすさといった点が、ユーザーから高く評価されているためと考えられます。

このほか、値落ちしにくい車種としては、ミニバンやSUV、ハイブリッドカーが挙げられます。一方、海外での日本製中古車の人気を色濃く反映した、輸出用として高値がつきやすい車種が存在します。中でも、ランドクルーザーやハイエースは、時に新車を上回る価格で中古車が取引されたり、使い古してボロボロの状態でも数十万円の値がついたりといった、輸出向け車種としての恩恵を受けられやすい車種と言えます。

値落ちしにくい条件とは

値落ちしにくい条件は、「高年式(年式が新しい)」「走行距離が少ない」「修復歴がない」という3点が、とくに大きなウェイトを占めています。また、近年では、「禁煙車である」という点も重視されるようになってきています。

加えて、中古車の価値を大きく左右する要素としてボディカラーがあります。これは車種によっても、また、景気動向や流通台数などによっても変動しますが、概ねパールホワイトやブラックなどの無難かつ万人受けしやすい、それでいて営業車っぽく見えないボディカラーが、値落ちしにくいようです。

Ancarで出品されていたホワイトのポルシェのケイマン

あくまで単なる予想でしかない

以上のように、値落ちしにくい車種や条件を挙げましたが、これらは、現時点までの価値判断に基づくものであり、あくまで将来に向けての単なる予想でしかありません。もしかすると、現在では値落ちしやすい車種とされているセダンが、将来は大人気となっている可能性も少なからずあります。また、輸出に強いとされている車種であっても、輸出ニーズは一定ではありませんので、思ったほど高値で買い取ってもらえない可能性もあります。

とは言え、やみくもに購入するよりは、有利な条件で売却できる可能性は高まりますので、値落ちしにくい車種や条件を考慮したクルマ選びを心がけるようにしましょう。

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス事前登録受付中!



通うことで愛車を常に綺麗に保つ

愛車への悩みを解決する手洗い洗車のサブスクが始まります!



事前登録、詳しい内容はこちら↓

洗車サブスクリプション