値落ちしにくい車種と条件

自動車を購入する際には、基本的には、オーナー自身の用途に適した車種やデザイン、機能を見て気に入った車種、そして予算とにらめっこしながら選ぶのが一般的です。しかし、数年後に手放す際の価値である「リセールバリュー」を考慮して車種選定をする人は、まだまだ少ないようです。

売却時に「え?こんなに安くなってしまうの?」と焦らなくて済むよう、できるだけ売却時のことも加味したクルマ選びを実践してみませんか。ここでは、値落ちしにくい車種や条件について解説してみたいと思います。

値落ちしにくい車種とは

最も値落ちしくい車種は、軽自動車です。とくに、タント(ダイハツ)に代表されるハイト(背高)ワゴンは、市場での引き合いが強いため、売却時の査定においても高値提示が期待できます。軽自動車は、車種にもよりますが、同一年式の中古車が普通乗用車よりも高額なものも多数見受けられます。それでも引き合いが強いのは、税額や通行料の優遇により維持費が低く抑えられる点や、コンパクトなボディゆえの運転のしやすさといった点が、ユーザーから高く評価されているためと考えられます。

このほか、値落ちしにくい車種としては、ミニバンやSUV、ハイブリッドカーが挙げられます。一方、海外での日本製中古車の人気を色濃く反映した、輸出用として高値がつきやすい車種が存在します。中でも、ランドクルーザーやハイエースは、時に新車を上回る価格で中古車が取引されたり、使い古してボロボロの状態でも数十万円の値がついたりといった、輸出向け車種としての恩恵を受けられやすい車種と言えます。

値落ちしにくい条件とは

値落ちしにくい条件は、「高年式(年式が新しい)」「走行距離が少ない」「修復歴がない」という3点が、とくに大きなウェイトを占めています。また、近年では、「禁煙車である」という点も重視されるようになってきています。

加えて、中古車の価値を大きく左右する要素としてボディカラーがあります。これは車種によっても、また、景気動向や流通台数などによっても変動しますが、概ねパールホワイトやブラックなどの無難かつ万人受けしやすい、それでいて営業車っぽく見えないボディカラーが、値落ちしにくいようです。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら