自動車は何万キロ走行を目標に作られているのか?

中古車両を購入する上で気になる点の1つに、「あと、どれくらい乗れるのだろうか」というがあるかと思います。自動車メーカーは何万キロ走行を想定して、開発しているのでしょうか?

クルマは何万キロ走行を目標に作られているか?

ある自動車メーカーの例を述べますと、「10年・15万キロメートル」という目標が存在します。これは、あくまでざっくりとした目標で、部品によって別要件を設定している可能性がありますが、各部署で1つのガイドラインとして共有されています。

たとえば、「10年・15万キロメートル」走行車のうち、90%が無故障で走行できるという様に、確率論で目標を立てているという感じです。

ただし、クルマの状態は「距離」「年式」だけではわからない

自動車部品が劣化する要因として、「経年」、「距離」の他に、「温度」、「疲労度」などの様々なものが存在します。ですから、クルマの状態は年数や距離で決定されるものではないということを理解してもらいたいと思います。中古車をご検討される上で、上記について考慮に入れていただきたいです。

たとえば、初年登録から7年で7万キロメートルのクルマでも、前オーナーがハードな運転(サーキット走行など)をしておれば、疲労蓄積により耐度降下している恐れがあります。一方、10年13万キロメートルでも大切に扱われていたクルマであれば、年式や距離の割には十分な耐度を保持しています。

難しい話なのですが、中古車を検討するうえで重要なのは、クルマの状態を見極めることです

中古車で長く乗り続けたいのであれば

一般の方がクルマの状態を見極めるのは、とても難しいと思います。ですから、一般の方でもできることを2点挙げます。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら