ペーパードライバーが「運転怖い」を克服する方法8選|練習方法2つ

ペーパードライバーとは、運転免許を取得しているものの、長い間運転していない人を指す言葉です。一度運転から離れてしまうと、感覚を取り戻すまでに時間がかかるでしょう。ペーパードライバーがどうしたら運転できるようになるのかについてご紹介します。

ペーパードライバーとは

ペーパードライバーというのは、現在も有効な自動車の運転免許を取得しているけれども、普段は運転しない人やその機会がない人のことを指します。日本では都市部の交通網が発達しているため、車がなくても生活には支障がないと考える人も多く、以前よりもペーパードライバーが増えていると言われています。

運転が怖い理由

日常的に運転していれば恐怖心を抱くことはないでしょうが、一度ペーパードライバーになってしまうと、ハンドルを握ることが怖くなってしまう人が多いようです。毎日、ニュースで悲惨な交通事故の報道があります。身近なリスクである交通事故を自分が起こしてしまったらどうしようという想像が、運転に対する恐怖心を煽っていると考えられます。

ペーパードライバー「運転が怖い」気持ちを克服する方法8選

ペーパードライバーの方は、どうしたら「運転が怖い」という気持ちを克服できるのでしょうか。運転に対する恐怖心は、運転に慣れていないから起こるものだと考えられます。毎日、繰り返していることを怖いと思う人はいないでしょう。運転することが特別だと考えている人が、恐怖を感じてしまうのです。運転が怖くなくなるための方法を8つご紹介しますので、運転に慣れていない方は実践してみてください。

怖いを克服する方法1:怖いという意識を変える

日常的に運転している人は、運転を怖がることはないでしょう。運転を怖いと感じるのは、運転がその人にとって特別なことになっているからだと考えられます。日常的に運転して当たり前のことにしてしまえば、恐怖を感じることもなくなるでしょう。そのためには、慣れることが大切です。運転の機会を増やし、特別視しないようにしましょう。何よりも慣れることが、恐怖心を克服するための近道です。

怖いを克服する方法2:速度感になれる

ペーパードライバーのなかには、スピードが速いと恐怖を感じる人もいるでしょう。特に高速道路などを走行する際の日常的には体験しない速度に恐怖心を抱きがちですよね。まずは車の助手席に乗せてもらい、どの程度のスピードで走るのか、体で習得しましょう。繰り返し体験することで、スピードに慣れるでしょう。速いスピードが特別でなくなれば、怖いと思う気持ちも薄れていくと考えられます。

怖いを克服する方法3:自分の目で見る運転を心がける

運転に恐怖心を抱く理由の一つが、交通事故を起こす可能性を考慮することではないでしょうか。特に細い道を走るときには、誰かが飛び出してきそうな気がして、怖いものですよね。予断で運転すると事故が起こりやすくなります。運転するときは必ず自分の目で見てから行動することを徹底しましょう。納得できるまで車を動かさずに、しっかり見る運転を心がけるといいでしょう。

怖いを克服する方法4:車両感覚をつかむ

車を運転するうえで、車の大きさを把握することはとても大切です。道路を走るときに車両感覚がわからなければ、いつどこにぶつけるかわからない不安を抱えることになるでしょう。特に、駐車するとき車両感覚がわからなければ、何度切り替えしても止められないということになりかねません。車によって大きさに差はありますが、一度感覚をつかんでしまえば応用が利きます。車両感覚をつかんで、恐怖心を取り除きましょう。

怖いを克服する方法5:一定の速度で車を走らせる

車の加速・減速は慣れてしまえば難しくない操作ですが、ペーパードライバーの方は、交通の流れに乗って走ることも大変でしょう。まずは一定の速度で車を走らせる練習をしてみましょう。高速道路の合流などは難しいので、ある程度速度に慣れてからチャレンジするようにします。直線道路で走ることに問題がなくなったら、カーブでどのくらいの速度が出せるのかなど、体感して把握していきましょう。

怖いを克服する方法6:走行中の視点の置き方

しばらく運転していないと運転中どこを見たらいいのか、視点の置き場所も忘れてしまいますよね。交通の流れに乗って運転しているときは支障がないでしょう。しかし、交差点での右折・左折では視点の置き方が重要になります。まずは助手席に座り、右折・左折の際にはどんなところに注意が必要か思い出しましょう。ミラーを見ることも忘れてはいけません。少しずつ感覚が思い出せるように、何度も練習することが大切でしょう。

怖いを克服する方法7:ブレーキ、アクセル、ハンドルの加減を掴む

車の安全な挙動は運転者の気持ちを落ち着かせ、怖いと感じる気持ちを和らげるのにも効果的でしょう。自分のイメージ通りに車を動かせるように、ブレーキ、アクセル、ハンドルの加減を掴みましょう。運転中のブレーキやハンドルの操作は重要です。前の車との車間距離とブレーキの効き具合の関係を体で覚えましょう。また、どのくらいハンドルを切れば車の角度が変わるのかも把握しましょう。運転の基本とも言える操作ですので、徹底して身につけましょう。

怖いを克服する方法8:人や車の少ないところで短距離練習から始める

いきなり一般道を走ることは、ペーパードライバー歴が長かった人には怖いものでしょう。できれば誰もいない空き地や広い駐車場などで練習できるといいのですが、都合のいいところが見つからないことも考えられます。可能な限り、人や車の往来が少ないところで練習を始めるといいでしょう。また、最初から長距離を運転するのは大変ですので、短い距離から無理なく練習を始めるといいのではないでしょうか。

ペーパードライバーの練習方法2つ

いきなり運転しなければならなくなったから運転しよう、という状況は大変危険です。ぶっつけ本番で運転することのないように、時間を作って練習しておきましょう。車を運転するうえで大切なのは、慣れることです。ペーパードライバーを克服するためには、いかに運転に慣れるかが重要だといえます。練習方法を2つご紹介しますので、参考になさってください。

練習方法1:ペーパードライバー講習を受ける


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら