初めて聞いた?!世界のマイナースーパーカー「フェニア・スーパースポーツ」

米国のベノムなどもそうですが、400km/hともなると熱でタイヤが速攻でダメになりますから、最高速アタックの時だけ使う専用タイヤが必要ですけどね。

たぶん普段はリミッターをかけてそこまでの速度に達しないよう制限する事になるんでしょう。

ちなみにエンジンはポルシェのチューニングで知られるRUF社の4リッター水平対向ツインターボで、ミッドシップに搭載して7速DCTで制御するようです。

中身はドイツ製パワーユニットですから信頼性は問題無いでしょう。

25台と今回は量産(?)

スタイルは何となく先日デビューしたホンダ NSXの新型に似ていますが、アルミ製チューブラーシャシーにカーボンファイバー製ボディ、つまりアルミ製の骨組みにカーボンのガワです。

量産市販車の一体式モノコックボディと比べて自由度は高いですから、デザインは最先端を追えるのがこの種の少量生産スーパーカーのメリットですね。

ちなみに生産数は25台の予定。

えっ?少なくない?と思うかもしれませんが、前作のライカンが7台でしたから、それよりは「量産」と言えます。

こうして超高級(お値段は2億3,000万円)スーパーカーをセレブに売った利益で次のスーパーカーを少し安く、少し多く、そうして少しずつ会社を大きくしていくのもこの種のメーカーではよくある話です。

2016年になってから米国でも公開されましたが、日本に上陸する事はあるのでしょうか…?

おまけ:ライカンのパトカー

ちなみに7台作られて4億2,000万円で販売された、前作ライカンの1台はドバイ警察のパトカーになってるそうです。

取り締まり用というよりは観光資源的や役割だそうですが、何ともスケールの大きな話です。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら