初心者にもおすすめのカスタムはこれだ!〜国産車人気車種編〜

車はオーナーの個性がとても出やすい乗り物です。 毎週洗車をしていつも綺麗に保っている人もいれば、ただの足としか思ってない人もいますね。 カスタムに関しては、もちろん純正が一番良いと思っている方も多いですが、見た目をこだわる人、 乗り味を気にする人、居心地のいい車内空間を求める人などと様々な考え方を持ってカスタムするオーナーがいます。

この記事は何百台と車を乗ってきた筆者の経験を元に、人気車種ごとのおすすめカスタムをご紹介します!紹介する車種は、トヨタ プリウス、アルファード、クラウン、ホンダ フィット、N-BOX、日産 エクストレイル。どこをカスタムするのがベストか、悩んでいる人の参考になればと思います。

車種ごとのおすすめカスタム箇所紹介

トヨタ プリウス編

国産車のど定番トヨタ プリウス。日本のどこに行っても必ず見かけますね。そんなプリウスの一番の魅力は、燃費が良く環境に優しいエコカーなのに、デザインや走行性も良いところです。エコカーの魅力を最大限引き立てるために、まずはタイヤを交換しましょう。タイヤは走行に一番大きな影響を与えます。 ヨコハマのブルーアースや、ダンロップのエナセーブは、グリップもそこそこありながら抵抗が少なく転がりが良いのでとてもおすすめです。

また、ホイールをアルミに変えているプリウスを多く見かけますが、おすすめは純正のスチールホイール(鉄チン)です。スチールホイールは重くて燃費が悪くなりそうと思っている方も多いですが、実はアルミホイールの方が重いです。アルミは強度が低い分多く使用しなければならず、重くなってしまうからです。一方で鋼鉄でできているスチールホイールは強度が高く、少ない量で十分な強度を得れます。車重や足回りが軽い方が、燃費も良くなり軽快に走れるメリットがあるので、スチールホイールがおすすめなのです。

トヨタ アルファード編

みんな大好きなアルファード。アルファードは車内が広く車格もあってとても人気な車です。しかし、アルファードはあの車重を止めるブレーキ性能と足回りの性能が足りていません。 まずはローターをインチアップしてパッドを交換しましょう。ローターをインチアップすることでブレーキの効きが大きく変わります。10型や20型はブレーキマスターシリンダーの振動を抑えて制動力を上げたり、ブレーキホースを交換してタッチを硬くするとなお良いです。ブレーキキャリパーに関しては純正でも問題ありません。

アルファードは足回りが柔らかすぎて乗り心地が悪く、コーナーリングのロールも不安です。ショックアブソーバーとサスペンションを交換しましょう。ダウンサスよりも硬くて下がる車高調を入れれば、見た目もスタイリッシュにキマります。

トヨタ クラウン編

いつかはクラウン?いつものクラウン?クラウンはかつては憧れの高級車と思われていたかもしれませんが、新しくなるにつれ、乗り味や車格、車両スペックなど大衆化してしまいました。飛び抜けた特徴もないですがマイナス面もないので、そこはある意味良いところではあります。

筆者としては、あのなんとなく柔らかい乗り味と軽いステアリングをどうにかして高速走行でさらに安定させたいという思いです。となると、まずは車高調へ交換しロアアームの強化、タワーバーの装着を優先して行います。並行してアルミホイールのインチアップをすればグッと走行性能は変わります。おまけにフロントリップスポイラーを装着すればスポーティーになり、かなりカッコよくなるでしょう。

ホンダ フィット編

都内で移動するには最高なフィット。コンパクトで燃費も良いフィットは都心部で大活躍します。ただ、ホンダ車に多いのですがAピラーが邪魔をしてドライバーからの視界が悪かったり、収納が少なくスマホの置き場に困ったりもします。視界の狭さは、シートポジションの調整やバックミラーを大きいものを取り付けたりしてカバーしましょう。スマホの置き場は汎用のスマホスタンド取り付けが良いでしょう。最近のスマホアプリのナビは非常に高性能なので、横向きも対応可能なスマホスタンドを装着すれば純正ナビが古くなっても充分スマホのナビで足りるでしょう。

また、フィットは車両の割に足(サスペンション類)が硬めなのが特徴です。重心が高く足が硬いと、コーナーが続く道では運転が不安になります。サスペンションをダウンサスに交換して重心を下げるのがいいでしょう。多少段差などでゴツゴツした乗り心地になるかもしれませんが、コーナー時には良い走りをするようになり、ある程度の速度でも安心して曲がれるようになります。

ホンダ N-BOX編

軽ですがコンパクトカーに色々な面で引けを取らないN-BOX。軽自動車なのに加速やパワーはコンパクトカー並みで、大人がゆったり座れる車内と良いところを多く持ち合わせています。
そんなN-BOXでも評判の悪いところがいくつか。パワーを考えた分、ライバル車より少し燃費が悪いですし、ゆったりと座れることを重視した結果、リアシートのスライド機能が標準装備ではなくラゲッジスペースが狭めです。また、自動ブレーキは車には反応しますが、人には反応しない為不安です。これらのポイントは自分でカスタムして克服していきましょう。

まず燃費が悪い点は、確かにライバル車に負けてはいますが、燃費自体は悪くありません。17〜20km/lは走行できます。プリウスでも20km/lちょっとなので、ほとんどプリウスと変わらないです。

積載量が少ない点は、オプションでスライドが付いている車両であれば良いのですが、欲しい中古車が付いていない場合は、ラゲッジスペースの高さを利用し棚を設置すると良いでしょう。汎用のラゲッジスペース用のラックなどが売っているので、設置して二段にすると積める量が増えます。

自動ブレーキの安全性については、社外の汎用のコーナーセンサーを取り付けましょう。最近の汎用のコーナーセンサーは感知度が良く、人が近づくとすぐに反応します。その際に少しでもブレーキが効くように社外のブレーキホースとブレーキパッドも交換、さらにドライブレコーダーも取り付けて万が一の際に備えましょう。

日産 エクストレイル編

アウトドア好きに定番のSUV車日産 エクストレイル。四駆性能が高く、アウトドア好きに快適な装備や安全装備が豊富なのが特徴です。デザインも2013年からフルモデルチェンジで一新され、スマートで現代的な形となりました。 昔の角ばったデザインが好きな人も多いですが、実はどちらもヘッドライトは標準だとハロゲンなのです。なので、まずヘッドライトをHIDに交換します。ついでにフォグライトもHIDにしてしまえば 暗い山道でも視界良好。交換する球の色は、ヘッドライトは白っぽいもの、フォグライトは黄色をおすすめします。どちらも白だと、雨や霧の日に光が飛んでしまい見にくくなってしまうからえす。

また、筆者が気になるのは、あの主張の強い大きなフロントの日産エンブレムです。もう少し小さければ良いのですが、主張を減らすためにグリルごと交換してしまいましょう。エンブレムの付いていない社外グリルに交換すると、モデルチェンジ後だとパッと見エクストレイルだと分からないくらい雰囲気が変わります。エクストレイルは人気なのでかなりよく見かけますが、他と違った雰囲気にしたい人にはおすすめです。

まとめ

国産車は足回りを中心にカスタムすべし!

他にもカスタムを紹介したい車種はたくさんありますが、キリがないので今回はこれくらいにしておきましょう。 国産車の多くはサスペンションが柔らかい傾向にあるので、乗り味がふわっとしてコーナーが弱かったり高速安定性が低い傾向があります。まずは足回り中心のカスタムをおすすめします。筆者の場合は国産車を購入したら、とりあえずサスペンション、ホイール、タイヤを交換してしまうほどです。

冒頭でお話した通り、カスタムは人それぞれの好みでかなり違ってきますので、筆者が紹介した以外の物もいろいろ試してみてください。

カスタムする過程で意外な故障が見つかったり、自分で交換することで愛着も湧きます。 愛車と長く快適なカーライフを送るためにカスタムしていきましょう!


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら