【トヨタ 新型プリウス vs 日産 リーフ e-power】特徴、価格、サイズを徹底比較!!

こんにちは。最近ハイブリッド車の代名詞であるプリウスがマイナーチェンジをしました。そこで、新型プリウスの紹介とライバル車である日産リーフのe-powerと比較してみようと思います。

新型プリウスの特徴

今回マイナーチェンジで大幅な変化が加わったのがプリウスです。マイナーチェンジ前のプリウスから基本的なデザインはあまり変わりません。今回のマイナーチェンジではフロントフェイスが大幅に刷新され、ヘッドライト周りのデザインがスッキリしたデザインになり、これまでのプリウスよりも親しみやすいデザインに変更されました。前作の30系プリウスとマイナーチェンジ前の50系プリウスの中間のようなデザインに変更されました。

リアのデザインは大幅な変更がされています。マイナーチェンジ前のプリウスでは、テールランプがバンパー部分まで下がっているデザインに設計されていました。しかし、今回のマイナーチェンジでは縦長のテールランプを廃止して横に伸びているデザインに変更されました。このテールランプもフロントマスクと同様不評であった部分で、今回のマイナーチェンジでその部分も変更してきた形になります。

インテリアの大きな変更は少ないですが、そんな中これまでプリウスPHVでのみ採用されていた縦長で大型のナビがプリウスでも選択できるようになりました。他のナビとは違い、携帯回線を利用してナビをネットワークにつなげることで、オペレーターによる様々なサービスを得られたり、事故時などに救急車を自動的に呼ぶシステムなどを使うことができます。これまでもレクサスのナビではこのような機能はつけられており、それがトヨタの大衆車であるプリウスでも利用できるようになったということです。またメーカーオプションということもあり、他のナビを選択するよりもフィッティングがよくデザイン性に優れています。

このナビを装着すると、エアコン操作などもナビの画面内で行うことになるので、将来的にナビの交換が非常に困難になります。そのようなデメリットもあるので、メーカーオプションのこのナビを装着するのか、ディーラーオプションを選択するのか、社外品を選択するのかよく考えてから選択しましょう。個人的には、ディーラーオプションもしくは社外品で十分だと感じます。

もちろんこれまでのプリウスの低燃費や、TNGAプラットフォームを採用したことによる乗り心地の良さ、セーフティーセンスPなどの安全装置は全グレードに搭載されることになるなど、マイナーチェンジ前の良い部分は引き継がれています。

ノート e-powerの特徴

 

日産 ノート e-powerの特徴は、リーフで培われた電気自動車の技術を応用して作られている車ということです。

電池に充電するための発電用エンジンとモーターを組み合わせたパワートレインを搭載しています。動力は電気を使ったモーターだけとなるので電気自動車と同じような感覚で運転できます。そのため、発進時のスムーズさやエンジンのようなざらついた走行感覚ではなく、スーっと加速していく運転感覚を得られます。

同じハイブリッド車という括りでよくプリウスと比較されますが、エンジン+モーターのアシストで走行するプリウスとは全く違ったものとなっています。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら