あのフェラーリが若者向けのクルマを作った?!若者向けの車とは何か?

最近はスーパーカーや高級車が中国など新興国の富裕者層向けに販売台数を伸ばしており、メーカーも無視できないマーケットとなっています。特に若者の富裕層がスーパーカーを買い求める事が増えており、ついに「若者向けスーパーカー」を作りました!


新興国の若い富裕者層ではポルシェやフェラーリ、ランボルギーニ、AMGも大人気

昔の日本でもバブル景気の頃にはメルセデス・ベンツやBMWが街にあふれた時期があり、BMWなどは夜の六本木に行けば(当時の大衆車で販売台数No.1の)トヨタ カローラ並にたくさん走っていた事から「六本木カローラ」と言われたものです。

しかし、それでも国産車に対してブランド力で異常に高価だった当時のメルセデス・ベンツなら最量販は5ナンバーサイズの190E、BMWなら同じく318iが相場で、そのブランドで幅を利かせるために一番安いクルマが売れるという、割とケチとも言える?構図がありました。

このへんは日本人特有と申しますか、いかに金回りが良くなったと言ってもあからさまに高級品を見せびらかすと「出る杭は打たれる」ような国民性もあったかもしれませんが。

しかし、そういう縛りの無い中国など海外では富裕層が大金を使って豪華なクルマを買うのは当たり前、メルセデス・ベンツもポルシェも日本や米国で求めやすい手頃な価格設定をしているかと思えば、中国市場ではむしろ高値にしてもポンポン売れる状態で、メルセデス・ベンツのハイパフォーマンス版を作っているメルセデスAMGなどは工場の生産能力が限界を超え、エンジン組立職人がメルセデス・ベンツの工場に移って増産しているほどです。

また、そうした富裕層の子息など若者がフェラーリやランボルギーニなどスーパーカーに乗るのも当たり前で、スーパーカーメーカーはこぞって過去最高の業績を上げています。

シューティングブレーク「FF」で客層が変わってきたフェラーリ

フェラーリの場合はそれだけでなく、2011年にデビューしたFF(フェラーリ・フォー)によって、新たな客層が生まれたという理由もあります。

それまで2シーター、あるいは2+2クーペばかり作ってきたフェラーリにとって、初のシューティングブレーク(4人乗り高級スポーツステーションワゴン)、初の4輪駆動という画期的なモデルだったFFですが、フェラーリだけに動力性能も全く手を抜かず660馬力のDOHC6.2リッターV12エンジンを搭載し、それでいながら4人が快適に乗車でき、後席を倒せば広大な荷室も得られるという実用性まで持った「スーパースポーツワゴン」だったのです。

このFFをリリースした事で何が起きたかと言うと、まず同じようなボディサイズの2+2クーペ、フェラーリ 612スカリエッティと比較してユーザー層が10歳ほど若い平均年齢40歳になった事、さらにフェラーリなのに4名乗車で使うユーザーが半数以上で、年間走行距離も1万2,000kmほどになり、フェラーリとしては異常に「走行距離の長いユーザーが多い」という変化がありました。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら