国産エンジン史エコカー・リーンバーンエンジンとは何だったのか?

国産エンジンの歴史をジャンル別の観点から解説していくシリーズ、エコカー編その4は「リーンバーンエンジン」です。ほんの一瞬、一時期のみエコカー用エンジンの代名詞のようにもてはやされ、エコグレードに搭載されたエンジンのリーンバーン(希薄燃焼)とは何だったのかを解説します。

「リーンバーン」とは何か

内燃機関、つまり通常のガソリンエンジンのように燃焼室内で燃料と空気の混合気が爆発・燃焼するタイプのエンジンでは、空気と燃料を理想的な割合で混ぜ、効率的な爆発燃焼を起こす「理論空燃比」という値が存在します。

それより濃い燃料で強力な爆発を起こし、パワーを得るのが「リッチバーン」、対して薄い燃料で小規模な爆発を起こす事で、燃費の面で有利となるのが「リーンバーン」です。

高回転で最大出力を得る事が必要ないようなシチュエーションでは、薄い燃料で低いパワーでも通常の走行が成立する事から、低回転、低速走行のような低負荷域でリーンバーンを行うエンジンが、1980年代半ばから1990年代にかけてのほんの一時期、大衆車のエコグレードを中心に、軽自動車に至るまで多くの車に採用されました。

70年代に始まるリーンバーンの歴史

1973年のオイルショックを契機に、燃料を絞って薄い混合気で燃焼室での爆発、エンジンン駆動を行う希薄燃焼型のエンジンはいくつか登場していました。

代表的なのがトヨタの「TTC-L」で、触媒で排気ガスを浄化する「TTC-C」や、ホンダからCVCCnライセンスを購入して副燃焼室を使い排ガスを浄化する「TTC-V」と合わせ、希薄燃焼はトヨタトータルクリーンシステム(TTC)の一角を担っていたのです。

1975年12月にはTTC-L方式の12Tエンジンがカローラとスプリンターに搭載されてデビューし、その後もTTC-Cとの組み合わせで、「触媒」+「希薄燃焼」でトヨタは燃費と排ガス規制をクリアしました。

当時既にトヨタ系だったダイハツも新しい軽自動車用4サイクルエンジン「AB型」にTTC-Lを応用した「DECS-L」を採用してリーンバーンを実現、TTC-Cの触媒と組み合わせて厳しい規制をクリアし、規制を突破できずに苦しんでいたライバルのスズキにエンジン供給したエピソードは有名な話です。

最初にリーンバーンを名乗ったカリーナ

それらの集大成として、1984年にモデルチェンジした6代目のカリーナでは「リーンバーンエンジン搭載」を盛んに宣伝しました。

国内で初めてリーンバーン(希薄燃焼)エンジンという言葉を盛んに宣伝し、ハイパワーグレードの他に一般グレードでのリーンバーンエンジン搭載車を増やして行き、スポーツ性とエコロジーの両立が可能な大メーカーとして、トヨタの日本最大の自動車メーカーとしての立場を確実なものにしたのです。

その一方で、三菱はスタリオンやギャランΣに搭載していたG63Bエンジンを3バルブ化したシリウスDASH3×2を開発し、低負荷では吸気側の1バルブを停止させて2バルブエンジンとして希薄燃焼させる可変バルブタイミング&リフトエンジンを投入。

その後もミラージュ、ランサー用などに3バルブ方式のリーンバーンエンジンを投入します。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら