これからのルノー・日産・三菱アライアンスはどうなるのか

2018年、有価証券報告書に嘘の記載をしたとして逮捕されたカルロス・ゴーン。彼はルノー・日産・三菱アライアンスの会長でした。そんな3社にとっての重要人物が4度も逮捕された今、ルノー・日産・三菱アライアンスの関係性も揺らぎつつあります。これからこの3社はどうなるのか。カルロス・ゴーンは不正を行ったが、経営者としては間違いなくカリスマでした。3社の要である彼が去ったアライアンスには何が残るのか考えていきたいと思います。

3社の関係性、アライアンスとは?

アライアンスと言われても、いまいちよくわからないかもしれません。このアライアンスは広く言えばパートナーシップです。直訳すれば「同盟」。同盟と言えばなかなかしっくりきますね。本来ならライバルである企業同士が手を取り合い、より多くの利益を生み出そうと業務提携するもの。特に自動車産業は販路や技術など、各々が持っている資産が大きいのが特徴です。これらを共有することで企業は掛け算的にメリットを受けることができるわけです。トヨタもスバルと共同で86を開発したり、同じくBMWとも共同で新型スープラを開発しましたね。このように、自動車業界では共同で開発することでお互いの開発コストを削減するという手法が広く使われていますが、ルノー・日産・三菱アライアンスに関しては資本提携も行っていて、より強固な関係を作っています。

自動車メーカーの駆け込み寺「ルノー」の経営

ルノーには「コストカッター」と呼ばれる敏腕社長カルロス・ゴーンがいました。ここへ駆け込んだのが倒産寸前だった日産なのです。1999年にルノーは2兆円もの負債を抱えた日産の株を37%取得し、日産は資本上ルノーの子会社となりました。早速、日産の最高経営責任者となったカルロス・ゴーンは問答無用でリストラ祭りを行いました。当時はかなりの批判を受け、まるで悪魔のように言われていました。欧米的で合理的な彼の経営は当時から批判されていたのですね。

三菱も不祥事で経営難になり、日産に駆け込む

また2016年、不正発覚祭りを催していた三菱も34%の株をルノーに買収されてアライアンスに加わりました。リコール隠しを3度も行った三菱は日本国民からの信頼を失い、経営に大きな打撃を受けていました。ルノーは倒れかけの自動車メーカーに手を差し伸べる優しい会社なのかもしれません。もしかしたら弱ったところを狙って乗っ取りたかっただけなのかもしれませんが、日産と三菱はフランスに貸しを作ったと言ってもいいでしょう。

部品共通化とOEM供給

業務提携の真髄はそのシナジー効果にあります。車のプラットフォーム(骨組み)を共有したり、エンジンを共有することで、お互いに開発費を抑えることができます。トヨタの新型スープラがBMWのZ4と兄弟車になり、スープラにBMWの6気筒エンジンが乗っているというのが良い例でしょう。また、部品だけでなく、OEMも行なっています。OEMとは日産の車にルノーのブランドをつけて販売するというものであり、大体の場合はお互いにこれを行います。このOEMによって、お互いの販売力を利用できるというのが特徴で、ここに大きな相乗効果が生まれるのです。

ルノー・日産・三菱の取締役カルロス・ゴーンの逮捕

ルノー・日産・三菱アライアンスの大きなシナジー効果により、2017年にはトヨタグループやフォルクスワーゲングループなど大きな自動車メーカーグループを抑えて自動車販売台数一位になりました。ここまで成長したルノー・日産・三菱アライアンスですが、カルロス・ゴーンの逮捕によって大きな打撃を受けました。これはアライアンスのデメリットと言ってもいいでしょう。どこか1つの企業が不祥事を働いたり、経営が傾いてしまうと他のアライアンス企業にも影響してしまうということです。ましてや今回は会長が不祥事を働きました。一体何をしたのか、会長は誰になるのか紹介しましょう。

カルロス・ゴーンがこれまでにしてきたこと

カルロス・ゴーンはフランスタイヤメーカーのミシュランで18年活躍したのち、ルノーに上席副社長としてスカウトされました。「コストカッター」「コストキラー」と呼ばれるまでコスト調整をし、ルノーを黒字へ転換。日産と提携してからも、そのまま日産の最高執行責任者を兼任し、日産の経営も短期間で立て直したのです。それからは日産のCEO、ルノーのCEOに就任し、アライアンスの会長にもなりました。三菱がアライアンスに加わってからも同様に三菱に会長に就任しています。そのほかにもロシアの会社の会長やあらゆる組織の経営戦略に携わっていました。

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら