AppleやGoogleが自動車業界に参入!?自動車の未来とは!

時代を席巻する産業は、時代とともに変遷していきます。かつて時代を席巻していた産業といえば、自動車産業でした。関連産業の裾野の広さから、自動車メーカーを頂点とする自動車産業は隆盛を極めました。

現在、時代を席巻しているのはIT産業

そして現在、時代を席巻しているのは自動車産業ではなく、IT産業です。

さらに、IT産業の中でもけん引役となっているのが、Apple(アップル)とGoogle(グーグル)です。

アップルはパソコンメーカーとして、そしてグーグルは検索エンジンのメーカーとして始まりましたが、今やその活躍はとどまるところを知りません。アップルはスマートフォンやコンテンツ事業に参入、一方のグーグルもOS事業などに乗り出しています。

アップルとグーグルが自動車産業に接近

そしてアップルとグーグルは、かつて時代を席巻していた自動車産業に進出を考えています。

これまでは、高い技術力を持つ自動車メーカーが、自動車産業への新規参入を許してこなかった経緯がありましたが、転換期となったのが電気自動車と安全技術です。
ガソリンエンジンを開発するには職人のような技術が必要でしたが、エンジンからモーターに動力が変遷することにより、誰でも車を比較的製造しやすくなる環境となりました。

そして、昨今の安全技術の中心となっているのが、カメラやレーダー、通信技術を利用したものであり、このような分野はアップルやグーグルが得意とするところです。
しかし、それだけでしたらすでに他のIT関連企業が先手を打っていてもよさそうでしたが、他の企業にはなくてアップルやグーグルが持っているものがあります。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら